歯ブラシのあれこれ☆  歯科技工士 三浦

こんにちは。

武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科 歯科技工士の三浦です。

 

 

突然ですが、皆さん
普段どのような 歯ブラシ を使っていますか?

 

 

市販のモノでも様々な種類がありますが、
歯ブラシを選ぶ際に意識していることはありますか?

 

 

私は今まで、適度な値段と見た目で選んでいました。

強いて言えば〝ブラシがギザギザしていて先端が細くなっているもの〟を選んでいました。

理由は細かいところも磨けそうだからです。

 

ですが、歯ブラシは【平坦】なものが一般的には良い と言われてるようです。
ギザギザしているような【山切り】タイプだと磨いても毛が寝てしまって歯垢が落ちづらく効率が悪いとか…。

そして、なかなか磨きづらい奥歯を磨くために、小さめの歯ブラシ にしたり、ワンタフトブラシ にして場所によって使い分けたり…

 

歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯の間の歯垢はブラッシング後に歯間ブラシ や フロス でしっかり落としたり…

 

 

普段の歯ブラシに少し手間をかけると
虫歯ゼロに近くづく大きな一歩になります。

 

そして、患者さまが歯間ブラシやフロスでしっかりとお手入れがしやすいような補綴物を製作するのも歯科技工士の大きな役割でもあります。

 

歯間ブラシが通らない被せ物ではその小さな隙間に食べカスなどが溜まってしまい、また虫歯になってしまう可能性を高めます。

 

なのでそういったアフターケアのことも考えて製作するよう日々心がけています。

 

大人の歯は生え変わることがないので
日頃からのケアがとても重要になりますね。
歯磨きのことで分からないことやアドバイスをしてもらいたい場合は当院の歯科衛生士さんに是非聞いてみてください。

 

私も一度、磨き方や歯ブラシを見直してみようと思います。

 

詰め物や被せ物をする際、

・変色するの?
・割れないの?
・色はどんな感じ?
・値段は?

などと様々な疑問があると思います。

その際は、技工士にお声掛けください。

専門的な知識を交え、分かりやすくご説明させていただきます。

 

 

歯科技工士 三浦