虫歯VS歯周病 ☆  副歯科衛生士長 久下  

秋川駅徒歩5分にあります、きらら歯科で副衛生士長をさせていただいてます久下です。

 

 

虫歯VS歯周病

 

自分では直接見ることが出来ない口のなかでズキズキ痛くなるのってとても嫌ですよね。

虫歯歯周病 の痛みどちらの方がより痛いのでしょうか?

 

 

 

 

細菌が入り込む場所によって虫歯と歯周病が区別されます。

どちらも原因となるのは 細菌 です。

感染の経路が少し違います。

 

 

 

〈虫歯の場合〉

虫歯は細菌が歯の中の神経を含んだ組織に感染して炎症を引き起こし痛みが発生します。

・ズキズキした痛み

初めは刺すような痛みがたまに起こる程度だったものがだんだん期間や痛みが強くなってくる。

 

・進行するとお湯が痛くなる

最初は水が、しばらくするとお湯もしみたり痛くなってきます。

 

・就寝中に心臓の鼓動のようにズキズキ痛くなる

さらに進行すると寝ているときにも痛みが続き我慢できなくなってくる。

 

・痛みが拡がる

虫歯になっている歯だけではなく、その周辺の歯全体が痛くなったり、場所によっては耳の近くや目の下まで痛みが拡がって、どの歯が痛いのかよく分からなくなります。

 

 

 

一方、〈歯周病の場合〉

細菌が歯と歯肉の境目の溝(歯周ポケット)から歯に沿って感染して炎症を引き起こし痛みが発生します。

 

 

・出血や腫れが気になる

初めは痛みはそれほどでもなく、どちらかというと出血や腫れが気になるようになります。

 

・水がしみるようになる

次第に水が根の露出部に直接触れるため水がしみるようになります。

 

・腫れを伴って膿みや痛みが出る

腫れると膿が歯肉の内部に溜まり膿の圧力と炎症の拡がりで痛みがでるようになります。

 

 

 

 

 

 

時々、虫歯が全くないのに虫歯になったような激痛が現れることがあります。

歯の根が折れていたり割れていたりする場合はもちろんですが、歯周病が進行した場合や噛み合わせが原因で歯周ポケットと呼ばれる溝が歯の根の先端部まで通じてしまった場合で、このような場合は細菌が歯の内部からではなく、歯の周囲から根の先端の神経に炎症を起こさせるため腫れと痛みのダブルパンチとなります。

治療は表面上は虫歯がなくても根の先端の神経が虫歯菌に冒されているために神経をとります。

その後、周囲の炎症が落ち着けば歯を残せることもありますが、抜かなければならないこともあります。

 

 

まれに 噛み合わせ が原因で急激な症状が現れることがあります。

そのような場合などは治療をしても炎症が強く落ち着くまでに時間がかかり、またそれまで虫歯になったことがない人でも歯を抜くような結果になることもあるため、精神的なショックを受けることもあります。

何もないうちにきちんと検診は受けましょう!

普段から就寝中に歯ぎしりをしている人は注意が必要です。

 

何かあれば先生やスタッフにご相談ください。

 

 

副歯科衛生士長 久下