歯周病、歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏の違いについて 主任歯科歯科衛生士 河村

みなさん、こんにちは。
あきる野市 きらら歯科 歯科衛生士の河村です。

GWはいかがお過ごしですか?
当院はゴールデンウィークも診療いたしておりますので、急なお痛みなどにも対応させていただきます。

今日はお口の病気でよく聞く病名「歯周病」、「歯肉炎」、「歯周炎」、「歯槽膿漏」などがあると思います。
最近ではコマーシャルなどでもよく聞きますよね。

しかしこれらの病気の違いについてはあまり詳しく理解していない方が多いと思います。

今回はこれらの病気の違いについて紹介していきたいと思います。

●歯周病について●

歯周病とは字の通り歯の周りの組織に起こるさまざまな症状の総称のことです。
歯の周りの組織とは歯肉(歯茎)、歯槽骨、セメント質、歯根膜などがあり、成人の約80%が歯周病であると言われております。
重度の歯周病になると歯を失うことになるので疑いのある場合は早めに歯医者に行く必要があります。
そして歯の周辺組織の症状の総称として歯周病と呼ばれていますが、その中に歯肉炎や歯周炎や歯槽膿漏といった病気があります。

●歯肉炎について●

歯肉炎とは歯周病の中でも比較的軽度の症状で、歯肉(歯茎)に炎症が起きて腫れてしまう病気です。
リンゴを食べた時や歯磨きをしている時に歯肉(歯茎)から血がでやすい場合は歯肉炎の疑いがあります。歯肉炎になると歯肉(歯茎)が腫れて歯周ポケットができ、歯垢がたまりやすくなる為、口臭の原因にもなってしまいます。

●歯周炎について●

歯肉炎は歯肉(歯茎)に限定して炎症が起きている状態でしたが、歯周炎とは歯肉炎が進行して、歯肉(歯茎)だけでなく歯槽骨まで及んでしまった状態のことです。
歯周炎になると、血だけでなく膿がでてきたり歯茎が退縮して歯が長く見えたり、さらには歯がグラグラするといった症状が出てきます。
膿が出てくるとその膿が口臭の原因にもなる為より一層口臭がきつくなってしまいます。

●歯槽膿漏について●

歯槽膿漏は歯周病の中でも重度の症状で、歯周病がさらに進行してしまうと歯槽膿漏になります。歯槽膿漏になってしまうと、歯を支えている骨がどんどんとけていってしまい、歯がグラグラになったり、歯茎が腫れることで歯周ポケットができ歯垢がたまり、細菌も繁殖してしまいます。また膿もでている為に口臭もひどい臭いになってしまいます。

これらの病気は放置するといつの間にか進行していきます。
気付いたときには歯を抜かないといけなくなることもあります。


歯医者さんで「歯周病」と言われたが対策がわからない、どうしていいかわからない、と言うかた気軽にご相談ください。

皆様のご来院おまちしております。