セラミックのインレーについて 歯科技工士長 及川

こんにちは。武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科技工士長の及川です。
今回はセラミックのインレーについてお話したいと思います。

外傷やウ蝕(虫歯)などで歯の一部が欠損してしまった場合その部分を修復して機能を回復するために制作するものをインレー(詰め物)といいます。
特にウ蝕の初期段階で治療を行うケースに多く使用されます。歯の治療を経験した方なら一本くらい入っている可能性が高いものです。

インレーの制作に使用される材料は保険診療で行う詰め物では主に銀歯が使用されます。
私が技工士になりたての頃は(30年以上前になってしまいますが…)自費治療で金歯(20K)が良いとされていました。
金は銀に比べてやわらかいため削った歯にぴったり合わさることができるため歯と詰め物の隙間がなく、虫歯になりにくいと言われてきました。
現在は「審美」ということで自費治療になってしまいますが、金歯や銀歯ではなく白いセラミックのインレーの治療を希望される方も少しずつ増えてきています。

セラミックインレーが優れている理由
・セラミックインレーは白い材料で治療することができます。そのため歯の色に馴染み、治療後は白くきれいな歯に仕上がります。

・セラミックインレーは歯を接着剤で強固につけます。またセラミック自体が劣化しないため、セラミックインレーと歯の隙間から虫歯がなりにくくなっています。

・セラミックインレーは表面がツルツルしているため、汚れがつきにくい材料です。歯ブラシなどで歯垢を落とす時も簡単に落ち清潔です。

・メタルフリーの治療が可能で金属アレルギーを起こす心配がありません。

お口の中が銀歯の詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)だらけで、人に見られるのが恥ずかしく、大きく口をあけて話したり、笑ったりすることが苦手な方もセラミックインレーにすることで自信を持って話をすることができるようになるかと思います。

また治療になってしまったら、劣化の小さいセラミックなどの材料で治療をし、できるだけ再治療をしないようにすることが自分の歯を守ることになるかと思います。