きらら歯科でのペリオフィールの使用

歯周病治療で薬を補助的に使用する場合があります。きらら歯科ではペリオフィール歯科用軟膏を使用しています。

ポケット内に直接抗生物質を入れることを局所薬物送達療法(LDDS)といいます。LDDSとはLocal Drug Delivery Systemの頭文字からとっています。

何かしらの原因があって歯周病手術を行えないような場合には、スケーラーなどを使用して歯周ポケットの内部をきれいにした後、先の細いシリンジで抗生物質(塩酸ミノサイクリン)を送り込みます。

pe_o2%25_bx

歯周病には細菌がバイオフィルムを作るため経口投与では抗生物質の効果が低くなりやすいです。そのため歯周ポケット内に薬剤を直接投与するLDDSが歯周治療における有効な手段といえます。

そして歯周病の原因菌を殺菌します。この薬の特徴は徐放性といって、長期間効果を維持しています。

LDDSの注入はほとんど痛みも伴わないため患者さまから好評です。

しかしLDDS単独で歯周病が治るわけでないため、歯周基本治療および患者様のブラッシングどちらも継続が必要となります。

適応

急性炎症時、局限性に残った深いポケット

全身投与より副作用が少なく、薬効の長期継続が期待できる

特徴

経口投与に比べて直接ポケット内に入れるため少量の薬剤ですむ

耐性菌の出現、薬の副作用や腸内細菌への影響がきわめて少ない