歯周病の検査について

歯周病は成人の8割がかかっているといわれている、まさに国民病です。

ところが歯周病は、重症になるまで自覚症状がでないまま進んでしまいます。

初期のころには自覚症状がほとんど出ないため歯科医療機関で精密な歯周病検査を受けないと正確な診断を行うことができません。

歯周病の検査にはプローブ(ポケット探針)というものを使用し歯周病の状態を検査するプロービング検査やX線写真によるレントゲン診査など様々あります。

menu

プロービング検査について

プロービング検査とは、歯周ポケット検査などともいわれます。これはプローブという器具を使用し歯と歯茎の間の溝の空間の深さを測定する検査です。

0367031001

歯茎が健康である場合には溝は通常約3ミリメートル以下の深さです。

0367031004

これより深い場合には歯周病にかかってきているものと思われます。そのため検査中に4以上の数字が出た部位は歯周病ですので良くお聞きください。

きらら歯科のプローブについて

きらら歯科では通常のプローブのほかに、WHOプローブ、ファーケーションプローブ、プラスチック製プローブを揃えております。

動揺度の測定

歯のぐらつきの度合いを測定します。動揺が出てきた場合は、歯周病が相当進行している可能性があります。

0367011004

  • 動揺度0 正常でほとんど動きません
  • 動揺度1 初期の歯周病で歯が前後に1方向に動く
  • 動揺度2 進行した歯周病で歯が前後左右の2方向に動く
  • 動揺度3 重度の歯周病で歯が前後左右上下の3方向に動く

歯周病検査の種類

保険診療においては歯周病の検査として2種類あります。

歯周病検査には2種類あります。

  • 歯周病基本検査
  • 歯周病精密検査

の2つです。それぞれについて説明させていただきます。

歯周病基本検査

まだ歯周病がそれほどひどくない方に関しては、一般的に歯周病基本検査という歯周病の進行度合いを診査する検査を行います。

基本検査においては、歯周ポケットの深さを1か所以上それぞれの歯について測定します。

0367031003

また出血の有無についても記載します。出血部位は今現在歯周病が進行しつつあるということを示しています。

そしてそれぞれの歯に対して動揺度(歯の揺れ)を測定します。

歯周病精密検査

歯周病が進行しているかたに対しては歯周病の状態を精密に検査することが必要になるため「歯周病精密検査」を行います。

精密検査においては、歯周ポケットの深さを1本の歯について4か所以上測定します。

歯の動揺度を測定します。

染め出し液(プラークの付着部位を染める液)にてプラークの付着具合を調べます。