SRPとはスケーリング+ルートプレーニングのことです。


スケーリングとは一般的な歯石の除去を言いルートプレーニング (root planing) とは、スケーリング終了後に、スケーラーを用い歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し歯根面を硬く滑沢に仕上げることを目的とする歯周基本治療の一つです。

あまりなじみのない言葉かもしれませんが、SRPは歯周病が中等度に進行している患者様に対して行う歯石除去の処置の1つです。

スケーリングのみで治癒する状況

歯ぐきの中でもエナメル質に限局したレベルあるいは歯肉縁や歯肉縁下約3ミリ以内に付着した歯石のみの症例の場合には、スケーリングとブラッシング指導のみで歯周病を完治させることが可能です。

エナメル質は高度に石灰化しているため、歯石が完全にくっつくことがないためこの段階だとスケーリングのみで完治します。

0367031002

ルートプレーニングが必要な場合

定期的にスケーリングを行っていなかった場合や、歯周病がすでに進行している状況で来院され、歯周病検査の際にポケットが4ミリを超えてくると、根部のセメント質状に歯石が強固に付着してきます。

この歯石を歯肉の縁の下につく歯石ということから、縁下歯石といいます。

縁下歯石は黒っぽい色がしていてセメント質と同一化し強固に付着しています。

0367031004

ルート(歯の根面)+プレーニング(滑沢・平らにする)

歯根面をキュレットを使用することで硬く滑沢に仕上げることで、歯周炎の原因を取り除き、歯肉の再付着を促すことになります。