虫歯(齲蝕)

虫歯で歯科医院に通院される方はとても多いと思います。虫歯のことを歯科医院では専門用語で「うしょく・カリエス」といいます。

xf3535139948m

虫歯は、さまざまな菌の混合感染で発症する病気の一つです。歯のどの部位にもできますが、歯と歯の間や噛む面の溝などが好発部位と言われています。

虫歯は、多種類の口腔内の最近の中でもとくに、ミュータンス菌の活動がが最も重要であると考えられています。このミュータンス菌は、砂糖をもとにして酸を作り、人体で最も固い組織である歯のエナメル質や象牙質を溶かしてしまいます。

 

進行に応じてC1~C4まで分類されます。Cはカリエスの頭文字です。
C1(カリエス1度)エナメル質のみに虫歯が進行したもの
C2(カリエス2度)象牙質まで虫歯が進行したもの
C3(カリエス3度)神経まで虫歯が進行したもの
C4(カリエス4度)歯の根だけ残っている状態
で分類します。

またCO(シーオー)というカリエスオブザベーション(要観察歯)という、治療の必要はまだないが、このまま放置すると進行する可能性のある初期虫歯という概念があります。

歯の神経

歯の神経は、写真のように歯の内部にあります。

pls0562149u64433

歯が痛くなる原因であるため、患者様には歯の神経と説明していますが、実際は神経だけでなく毛細血管なども多数存在する「歯髄」と呼ばれる神経血管などの複合体です。

 

エナメル質形成不全症

エナメル質形成不全症とは、歯の表面を構成するエナメル質が何らかの原因で綺麗に形成できなかった状態で歯にくぼんだ部分があったり、歯の色が茶色がかっていたりする状態の事です。
永久歯には比較的よくありますが、たまに乳歯でもエナメル質形成不全をみることがあります。
エナメル質形成不全の症状としては、歯の表面のエナメル質が、あたかも溶けているかのように無くなっていたりします。
エナメル質形成不全が病気等に関係あるケースの時は、1本だけではなく複数の歯に症状がでてくるようです。
このような複数の乳歯、殊更に奥歯にエナメル質形成不全がでてるケースの時は、これらの乳歯と同時期に造られる一部の永久歯にも同じエナメル質形成不全がみられる事が有ります。
1本のケースの時は、其の後生えてくる永久歯が同じようにエナメル質形成不全に成る可能性は少ないようです。