WSDとは、歯の根元にできる楔クサビの形をした歯茎近くの削れをいいます。

従来歯の磨きすぎと言われたりしましたが現在では噛み合わせや歯ぎしりで起きることがわかってきました。