歯の詰め物や被せ物にはいくつかの種類があるのを知っていますか?

歯の詰め物と聞くと、一般的には銀歯と呼ばれる銀色の詰め物を思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

インレーとは主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属の詰め物です。

0167020004

小さく虫歯になった部分と咬む面(咬合面)を削り金属をはめ込みます。銀歯(メタルインレー)は「金銀パラジウム合金」という金属が使用されており、保険内で治療できるため安価な料金で治療してもらえます。 金銀パラジウム合金はおおよそ金12%銀40%パラジウム20%の割合の非貴金属です。

一方、保険外治療では見た目に優れた詰め物(インレー)を詰めることも可能です。
このように、詰め物には複数の種類と特徴が存在します。

コンポジットレジン充填と同様、保険が適用されるので安価に治療することができます。
しかし硬い金属を利用しているため、詰め物自体が割れることはほぼありませんが、逆に硬すぎるがゆえに噛み合う歯が割れたり痛めてしまうことがあることが特徴です。

メリット

  • 安価
  • 金属のため強度が強い

デメリット

  • 酸化し、腐食し、錆びやすい(成分に非貴金属の銀が含まれているため)
  • 金属アレルギーを引き起こすリスクあり
  • 歯肉に沈着し、黒く変色することがある
  • 審美性に劣る(金属色のため)
  • 歯が割れることがある(金属の硬さが歯より硬いため)