オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは院内(オフィス)で行うホワイトニングです。

強力な薬剤と光を使用することにより短時間で高い効果を得られます。

af9980033402m

オフィスホワイトニングの種類

  • 松風ハイライト
    • 世界初のオフィスホワイトニング
    • 既存のすべてのホワイトニングの基礎となったホワイトニング
    • ハロゲンライトを使用
    • 35%過酸化水素を使用
    • 手間がかかるわりにほとんど白くならないので近年ではほとんど使用されていません
    • きらら歯科でも以前使用していましたがホームホワイトニングと比較しても効果が弱かったため患者様の満足度の低いホワイトニング方法でした。
  • FAPホワイトニング
    • 過酸化水素にリン酸やフッ素ハイドロキシアパタイトを配合
    • 再石灰化を促しながら歯を白くする
    • 35%過酸化水素を使用
    • 歯に優しいホワイトニング
    • 効果が弱いため数回~十数回の通院が必要
  • ブライトスマイル:NASAの科学者が開発。最も白くなる半面痛みが強いホワイトニングです。
  • ズーム
  • ティオン
  • ビヨンド

1回あたり約30分と短時間です。

オフィスホワイトニングコース

きらら歯科ではパワーの強いハロゲン光を用いるホワイトニングライト(POLUS)を使用しております。

オフィスホワイトニングは薬剤に含まれる過酸化水素に光を当てることで活性化させて歯を白くします。

内容

歯面クリーニング+ビヨンドPOLUSシステムによるホワイトニングを行います。ホワイトニングを行う前に歯の周辺の保護をします。ホワイトニング剤を歯の表面に塗りBEYOND(ビヨンド)ライト光を照射(約30分)します。このBeyond(ビヨンド)ライトは特許取得済みの特別なフィルターで紫外線と赤外線をカットしてホワイトニング剤に必要な光を照射することができます。また、一度に上下16本の歯に照射することができるため、短時間でホワイトニングを行うことが可能という特徴がございます。1度の来院で以下の歯の色のガイドで3~5段階程度白くなります。

howtowhitening_3-001

Power Whitning モードで10分間の設定です。それ以上の時間ですと痛みが出ることが多いためきらら歯科では10分照射を2回行っております。

IMG_2030

約30分から1時間程度で白く輝く歯に変化します。

IMG_2026

部分的ホワイトニング(パーシャルホワイトニング)

3歯までの部分的なホワイトニングは半額です。神経の無い歯などで気にされている方は一度ご相談ください。

ホワイトニングの痛みについて

処置中、処置後にしみるような「刺激」を感じる人がいますが、この原因はホワイトニングのお薬のひとつである過酸化水素による象牙質の脱水症状で、エナメル質の厚さにより、刺激が起こる時間、度合いが異なります。これは一時的なもので、多くの場合は24時間以内に消失します。痛みが出ることが怖い方には鎮痛剤を投薬することもあります。詳しくは担当の歯科医師にお尋ねください。

きらら歯科のビヨンドホワイトニング

きらら歯科ではビヨンドというホワイトニングシステムを使用しています。

ビヨンドホワイトニングポーラス

ビヨンドホワイトニングは日本でナンバーワンの実績を持っているオフィスホワイトニングシステムです。

以下のガイドで5段階ほど白くなります。(一般的なかたで)

howtowhitening_3-001

ビヨンドホワイトニングの流れ

5752077658c58e0c84eb9cb79d9740561

ビヨンドホワイトニングの特徴

POLUS_products_index_r9_c1