インプラント治療の流れ

インプラントには大きく分けて、1ピースインプラントと2ピースインプラントがあります。それぞれ利点欠点がありますが、治療の流れをご説明させていただきます。

京セラインプラントはどちらにも対応しております。

1ピースインプラント

京セラメディカル社POIインプラント

%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab

AQBインプラント

aqb

2ピースインプラント

京セラメディカル社POIインプラント

%e4%ba%ac%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab

ノーベルバイオケア社リプレイスインプラント

nobel

アストラセネガ社アストラテックインプラント

astra

1ピースインプラント

1ピースインプラントは骨に埋まる部分と土台になる部分が1ピース(1つの部品)でできているインプラントです。一回法に用いられ2回法と比べて、土台を連結させるために歯茎を切開する手術の必要なくなります。

欠点として方向の変更が効かないことや、長期的には2ピースインプラントのほうがもちやすいというところがあります。

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010001

欠損している部分

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010006

埋入手術が終わった状態

固定される期間

  • 上顎 4か月程度
  • 下顎 2か月程度

1回で土台が立った状態にまでなります。ただインプラントが骨と結合するまで2~4か月程度かかるためそれまで刺激を与えないことが大切となります。

2ピースインプラント

2ピースタイプの特徴はインプラントと土台をネジで連結するタイプのもので、装着する部品が2つあります。長所としてほとんどのケースで適用できるインプラントです。たとえばあごの骨が痩せている方や審美性を求める方にお勧めのインプラントです。また骨の状態によって治療の進め方も一回法・二回法ともに利用することが可能です。

お口の状態と治療経過に合わせて、数種類の中から土台を選択して連結でき、人工の歯の形態を必要に応じて変えることができるため長期的に安定して使用することが可能になりやすいです。

またインプラント部分に強い衝撃を受けた場合、土台とインプラントをつなぐネジが折れることにより、インプラント本体とそれを支える骨の結合へのダメージを避けることができる可能性があるともいわれています。

端緒として、2回の外科手術を必要とした場合、患者様への身体への負担がかかることや1ピースよりも部品が多いので、費用が高いという欠点があります。

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010001

欠損している部分

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010003

1次手術でフィクスチャーを埋入

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010005

2次手術でヒーリングキャップを装着

www.shika-sozai.com_illust72_image_0867010006

土台(アバットメント)を装着

固定される期間

上顎 4か月程度
下顎 2か月程度