インビザラインGoとは、インビザラインにコンピューターAIの機能を加えて、前歯の矯正・部分矯正がより効率的で、よりスピーディーに行うことができるインビザライン(マウスピース矯正治療)の新しいシステムです。管理がご自身でしっかりとできる18歳以上の大人の矯正に利用されます。

6か月以内に矯正を終わることが出来る画期的な装置です。

インビザラインGOの特徴

インビザラインGOは2018年から日本でも使用可能になったマウスピース矯正ブランド「インビザライン」の一つです。

インビザラインGOはインビザラインシステムはそのままに、大臼歯は動かさす前歯(小臼歯も含む)のみに特化しているマウスピース矯正システムです。噛み合わせの基準となる奥歯を動かさないので、矯正期間が短くなります。

また噛み合わせの高さを変えないのでトラブルも生じにくいシステムと言えます。そのため、前歯の見た目だけを改善したい場合にはとても有効なシステムです。ただし、小臼歯(前から5本まで)までしか動かせないため適応できる症例には限界があります。

インビザラインGoの歯の移動範囲

  • 前から5番目の歯までの範囲を上下両側動かすことが出来る
  • 1つの歯あたり最大7ミリ動かすことが可能
  • 顎の前後的位置関係は奥歯を動かさないので変えることは出来ない

インビザラインGo価格

きらら歯科で治療を行なっている「透明で目立たず、取り外し簡単」マウスピース矯正の治療費用です。
マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療法の一つである、インビザラインシステムを提供するアラインテクノロジー社が開発した、新しいシステムの矯正装置です。
その他術前の虫歯治療などの料金は別途かかります。
処置費用(税込)
相談料500
歯並びを拝見させていただきます。インビザライン治療の流れ、治療期間や費用などの目安をご説明。
不安や疑問に思われることは、何でもご質問ください。30分のご相談時間を確保し、患者様の疑問に、丁寧にお答えします。
検査診断料

20,000
インビザラインによる矯正治療をご希望される患者様の歯型、口腔内写真、レントゲンなどお口の中の詳しい情報を集めます。
インビザライン
Goシステム
上下顎治療
400,000
インビザライン
Goシステム
片顎のみ
300,000
毎回の診察料500
約1か月ごとに通院し、歯科医師の診察をうけていただき、治療経過を確認していきます
リテーナー
(3組SET)
初回治療費に含む
治療終了後、歯牙の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となります。
ビベラリテーナー
(3組SET)
追加購入
50,000

インビザラインGoのメリットとデメリット

インビザラインGoのメリット

  • 取り外しができるため口腔内を清潔に保てます
  • 治療中でも透明なため、ワイヤー矯正と比較すると目立ちにくいです
  • 特別な行事がある際にはアライナーを取り外しておけます
  • スポーツ・吹奏楽なども問題なくできます
  • AIで歯列の移動を予測するため予測実現性に優れています
  • 通院回数を減らすことが出来ます

奥歯を動かすことは出来ないため、奥歯の咬み合わせは問題ないが、前歯などの歯並びが部分的に悪い方に適しています。

例えば、以前行った歯列矯正後の保定が失敗して、歯並びが乱れてきた方や他院に相談に行ったら抜歯をすすめられた方などはインビザラインGoがおすすめです。

インビザラインGoの欠点

インビザラインのメリットとして「とりはずせる」ことをあげましたが、逆にいえば簡単に自分でとりはずせるからこそ、装着時間を守らないときちんと歯が動いてくれません。

  • 装着の期間や時間を守らなければ治療計画通りに歯が動かない
  • 歯の状態によっては治療できない場合があります
  • とりはずしに時間がかかることがある
  • 小児では利用できない

前歯の審美性回復に向いている装置です

インビザラインGoは、主に前歯の部分的な矯正に活用されます。インビザラインシステムと比較しこのような方に適しています

  • わずかな歯列の乱れではあるけれど、口元の審美性に与える影響が大きいような前歯の歯列不正
  • 前歯のすきっぱ
  • 治療を短期間で終わらせたい方や費用を抑えたいかた。
  • 即効性が期待できる部分的な矯正がお望みのかた。

短期間の矯正で低価格で矯正可能です

インビザラインGoでは、矯正期間が20ステージ(1ステージ:1週間程度)までに制限されています。そのため、治療費を抑えることができます。通常のインビザライン矯正と比較すると、半額以下の値段で歯並びを改善することが可能です。