マウスピース矯正では、透明な樹脂で作られたマウスピースを用いることから、金属等を使用するワイヤー矯正のように矯正装置そのものが目立つということがありません。

そのため「周りの人に気づかれずに矯正したい」という方には最適な矯正法といえます。

きらら歯科では主にマウスピース矯正としてインビザラインシステム及びインビザラインGoシステムを導入しております。

インビザラインシステムとインビザラインGoシステムの違い

インビザラインGoシステム

  • 前歯を綺麗にしたい人におすすめ
  • 約半年という短期間で矯正が終わる
  • 奥歯の歯並びは変えられない
  • インビザラインの最新のシステム
  • 費用は45万円程度
  • 18歳以上のかた

インビザラインシステム

  • 歯並びを全体的に綺麗にしたいかた
  • 約2年から3年程度かかる
  • 費用が80万円程度かかる
  • 12歳から適用

審美性の高い矯正装置をご用意しております

きらら歯科では、どなたにも気軽に矯正を始めていただけるよう審美性に配慮した矯正治療にこだわっております。一般的に行われているワイヤーを使用した矯正装置は見た目が気になってなかなか矯正治療に踏み出せないと言う方は、ぜひ当院がご用意するマウスピース矯正をご検討下さい。

マウスピース矯正の流れと費用

インビザラインについて

インビザラインは世界各国で約8,000,000人以上の治療実績がある目立たない歯列矯正システムです。

インビザラインシステムは米国のアラインテクノロジー社により始められたマウスピース型カスタムメイドの矯正歯科装置です現在世界中で100カ国以上の国々で提供されこれまでに約8,000,000人の方々に選ばれております。

インビザラインシステムは、米国のアラインテクノロジー社により始められたマウスピース型カスタムメイドの矯正歯科装置です。現在世界中で100カ国以上の国々で提供され、これまでに約8,000,000人の方々に選ばれております。

インビザライン治療のメリット

  • 透明なので見た目が気になりません
  • 取り外しができるので食事も普段通りにできます
  • 一般の矯正と比べ通院回数が少なく済みます
  • 金属を使わないので金属アレルギーを起こしません

インビザライン治療のデメリット

  • 使用時間や使用方法をご自身で守っていただく必要があります
  • 歯科医師の技術の状態によっては適用できない場合があります
  • 食後にマウスピースを外して歯ブラシをしていただく必要があります

近年需要のあるマウスピース矯正を当院では取り入れています。「金具が見えない矯正」で芸能人や女性の間で人気のある矯正システムです。

IPRが基本的に必要です

「IPR」とは「InterProximal Reduction」の略で「アイピーアール」と呼びます。簡単に言うと、「歯と歯の間にヤスリをかける処置」です。もちろん、歯の健康・寿命に問題のない安全な範囲内でです。IPRは昔から矯正治療で一般的に行われている歯の横幅を小さくするための処置です。ディスキング、ストリッピング、スライシングとも言われます。
IPRでは、むやみに歯を削っているわけではありません。歯の一番硬い部分である「エナメル質」のみを削っており、削れる歯の量もきちんと定められています(0.2mm~0.5mm程度)。歯のエナメル質が2~3mmと言われていますので、削る際に痛みを感じたり、IPRによって虫歯になりやすくなったりすることもありません。このことは、過去の研究結果でも報告されています。

IPRはエナメル質内で0.5㎜以内なら十分可能であり、またIPRによるカリエスリスクは低いと報告されています。(El-mangourry NH et al. J Clin Orthod,1991)

IPRが必要な症例とは?

程度によりますが、年齢が若い方であればIPRを行う場合でもその量を少なくできることが多いです。また成人~ご年配の方で、歯ぐきが下がっている方・被せ物が多く入っている方の場合、矯正治療によってで歯がきれいに並ぶとブラックトライアングル(歯と歯の間の三角形のすき間)が目立つように感じることがあります。そのようなケースでは、IPRを行った方がむしろ歯ぐきのすき間を減らし、仕上がりをよりきれいにすることができます。

インビザラインGo価格

きらら歯科で治療を行なっている「透明で目立たず、取り外し簡単」マウスピース矯正の治療費用です。
マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療法の一つである、インビザラインシステムを提供するアラインテクノロジー社が開発した、新しいシステムの矯正装置です。
その他術前の虫歯治療などの料金は別途かかります。
処置費用(税込)
相談料500円
■通院中の患者様は無料
歯並びを拝見させていただきます。インビザライン治療の流れ、治療期間や費用などの目安をご説明。
不安や疑問に思われることは、何でもご質問ください。30分のご相談時間を確保し、患者様の疑問に、丁寧にお答えします。
精密検査診断料

20,000円
インビザラインによる矯正治療をご希望される患者様の歯型、口腔内写真、レントゲンなどお口の中の詳しい情報を集めます。
クリンチェックを行います
インビザライン
Goシステム
上下顎治療
400,000円
定期チェック500円
約1か月ごとに通院し、歯科医師の診察をうけていただき、治療経過を確認していきます
ビベラリテーナー
1組 10,000円
3組 50,000円
治療終了後、歯牙の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となります。
破損した場合のアライナー1装置
10,000円
追加アライナー
装置を規定時間装着せず、治療計画が変更になった場合
3回目から
50,000円

良くある質問

治療期間はどの位ですか?

前歯を中心に動かすinvisalign go システムでは、3カ月から6カ月位の治療期間になります。

途中でアライナーを追加で作成する場合は、治療期間が延びることがあります。

痛みはありますか?

invisalign go システムは、動かす量がシミュレーションで細かく制限されているので、ワイヤー矯正に比べて痛みを感じることは少ないです。

新しいアライナーに替えてから最初の3日間は歯に力がかかるので痛みを感じることがあります。

見た目が目立つことはありますか?

invisalign go システムは、透明なマウスピース矯正装置です。
口元をよほど注目しない限り、周囲の人に気づかれることは殆どありません。
ただ、光でマウスピースが反射すると、装置が分かることがありますが、ほとんど気にならないでしょう。

治療中の飲食での注意点は何かありますか?

食事をするときはアライナーは外します。
食後は清潔に口内を保つために、歯磨きをしてからアライナーを装着します。

またアライナー装着時の飲み物は水以外はご遠慮ください。
糖分のある飲み物は、虫歯になるリスクを高めてしまいますし、
お茶のような色のついた飲み物は、アライナーに色がついてしまうことありますので、お控えください。
また、温かい飲み物はアライナーを変形させてしまう恐れがあります。

歯列矯正と聞くと治療期間が長いイメージがあるのですが、invisalign go システムは短期間で治療が終わるのはどうしてでしょうか?

invisalign go の治療期間は、3か月~半年程度です。従来の全顎矯正は1年~3年程度、部分矯正でも最低半年程度はかかるのに比較すると短く感じるでしょう。

これは、invisalign go システムが前歯部を治療対象としていて治療部位が限られるため、また、精密なシミュレーションに基づいて歯の移動を行うので、無駄な歯の動きがなく効率よく歯を動かせるためです。矯正力は従来と同様であり、決して強い力をかけているわけではないのでご安心ください。

何時間位アライナーを装着すればよいですか?

アライナーは20時間以上しっかりと装着して頂く必要があります。
特に最初の3日間は22時間以上装着してください。
それは最初の3日間に歯を動かす力が大きくかかるからです。
基本的には食事の時以外は、1日中装着することが望ましいです。