ルートセパレーション

別名(歯根分割術)(歯根分離法)(root separation)

ルートセパレーションとは、下顎大臼歯の根の分岐部に限局した病変(根分岐部病変)があり、歯根には特に大きな問題が無い場合に行われる治療法です。

今分岐部病変は主に歯周病が進行してきて、骨の吸収が起き、根の分岐部までポケットができてしまった場合に発症する病変です。

根と根の間はブラッシングなどが極めて難しく(実質的には完全にきれいにすることは不可能)歯周病が一気に進行していきます。

ルートセパレーション(歯根分割術)では歯の真ん中を分割することによって、根分岐部病変の部分もまとめて削除し、大臼歯1本を小臼歯2本の形にします。そして、歯間ブラシなどが通るような形態にし、長期的にメンテナンスをすることにより歯を保存する方法です。

ルートセパレーションを行って分割された後の歯にはそれぞれ単独のクラウン、もしくは連結したクラウンを被せ、その後は歯間ブラシなどでメンテナンスを行います。

ルートセパレーションは適応を見極め、きちんとメンテナンスを行えば、かなり良い予後が見込めますが、日本人の場合には歯の根が短いため欧米人と比較すると予後が悪いと思われます。