福生市で歯でお困りのかたへ一般歯科治療の説明

あきる野市きらら歯科での一般歯科診療に関してご説明させていただきます。福生市在住で歯でお困りの方きらら歯科へご相談ください。

きらら歯科で行っている一般歯科治療

  • 充填治療
    • コンポジットレジン充填
    • インレー修復治療
    • アンレー修復治療
    • 小窩裂溝充填処置(シーラント)
  • 歯内治療
    • 抜髄治療
    • 感染根管治療
    • 生活歯髄切断法
    • ルートセパレーション
    • ヘミセクション
    • トライセクション
  • 歯周病治療
    • スケーリング
    • 歯周病検査(基本検査・精密検査)
    • ルートプレーニング
    • 歯肉切除術
    • フラップ手術
  • 口腔外科治療
    • 普通抜歯
    • 埋伏歯抜歯
    • 親知らず抜歯
    • 歯根端切除術
    • 歯根嚢胞摘出術(小さなもの)
  • 補綴治療
    • FMCフルメタルクラウン治療
    • CADCAM冠治療
    • 前装金属冠治療
    • ブリッジ治療
    • 部分床義歯治療
    • 全部床義歯治療
  • 知覚過敏症治療
  • 歯ぎしり・顎関節症治療

福生市一般歯科虫歯

きらら歯科の一般歯科治療の特徴

あきる野市きらら歯科ではインプラント治療や審美歯科治療だけでなく、虫歯治療などの保険診療も含めた総合的な歯科治療の中から患者様にとって最適な診療を行う歯科医院です。ですから、インプラント目的などの安易な抜歯は行いません

残せる歯は最大限に残せるよう患者様のご要望をしっかりお聞きし、出来る限り保険診療で行い必要に応じて最適な治療法をご提案いたします。

きらら歯科外観

福生市の方のご来院を心よりお待ちしております。

虫歯治療

福生市にお住まいの患者様でも歯科医院に通院される理由で最も多いのが、この「虫歯」です。
簡単にきらら歯科での虫歯治療について説明させていただきます。

福生市きらら歯科の虫歯治療

まず虫歯かどうかご自身で判断するために以下の1~5を参考になさってください。
1.歯の表面の溝が黒くなる、欠けたり、穴があいている
2.水や甘いものがしみる。または温かいものがしみる
3.歯が一部白くなって磨いても落ちない
4.舌でさわると引っかかった感じがする
5.食べ物が同じ場所にひっかかる
以上のような症状がありましたら、もしかしたらその歯は虫歯になっているのかもしれません。

IMG_1997

早期治療・予防をおすすめします

皆さんは「歯は削れば削るほど悪くなる」ということをご存知でしょうか?

風邪を引いて内科にかかってお薬をもらうと、風邪は完全に治ります。

では虫歯になって歯医者に行くと、削って詰め物をすることにより治療を行いますが、これで本当に治っている(元の状態に戻っている)のでしょうか?

削ったところに別な異物を詰めているのではないでしょうか?歯は元に戻るということはありません。

そして大きく削った部分は、また悪くなることが多いのです。

当院でもほかの歯科医院で治したところがとれたから治してほしい、ほかの歯科医院で治療したところが痛くなったから下手なのじゃないかなどという相談をよく寄せられます。

micro3
これはごくごく稀には技術的な問題がある場合もあるかもしれませんが、基本的には治した(削った)から悪くなるのです。

そのため、虫歯は絶対に自然に治らないので、小さいうちに治してしまうことが長期的にご自身の歯を残すことにつながるということを皆様にぜひ覚えておいていただけたら嬉しいです。

そのため当院では予防歯科(なるべく削らない・抜かない治療)をお勧めしております。
CR充填院長症例削っている最中 CRしたあとの歯

あきる野市きらら歯科では、出来る限り「痛みがない」「削る量を少なくする」「歯を抜かない」治療にこだわって診療をさせていただいております。

治療する際には、なるべく痛みが少ないと言われる方法を患者様ごと症例ごとに駆使し、痛みが少ない治療を行わせていただいております。

af0150022879m

削る量を少なくするためには「う蝕検知液」「ダイアグノデント」などの機材を駆使し必要以上に歯を削らないように治療を行わせていただいております。

(染まりすぎないう蝕検知液)

kc_004_2

当院ではカリエスチェックブルーを使用しております

(ダイアグノデント)

topimg

ダイアグノデントペンによる虫歯の診査
海外の虫歯診断装置を導入。正確な虫歯の診断に役立てています。

【ダイアグノデントペンによる診査】

きらら歯科で取り入れているダイアグノデントペンによる診査は、レーザー光を照射することにより虫歯特有の蛍光反射を測定し虫歯なのかどうかを診断する装置です。

測定値として0~99の数字が表示され、25以上の数字が出る場合には、削る必要性が高いと診断されます。

レントゲンに写らないレベルの虫歯の治療の必要性を判断するときになくてはならない装置といえます。

きらら歯科では2000症例を超えるダイアグノデントペンによる診査診断をおこなっており各歯科医師も現在使用に慣れています。

また当院ではダイアグノデントペンのみでなくレントゲン・視診などの他の情報も含め総合的に診断を行っています。

ダイアグノデントペンの診断基準

0~13
特に処置の必要はありません
14~25
予防処置を実施することを勧めます
(エナメル質に限局した虫歯)
25以上
保存修復治療(および予防処置)を実施することを勧めます
(象牙質まで到達した虫歯)

虫歯の進行と治療方法

  • C1
    • まだ特に痛みなどはない。
      少し黒くなっていたりする状態
    • c1
    • CR充填処置・インレー修復・小窩裂溝填塞処置(シーラント)
  • C2
    • たまに、甘いものや冷たいものがしみる。
      ものが詰まったりすることがある。
    • c2
    • CR充填・インレー修復、補綴処置
  • C3
    • 冷たいものがかなりしみる。
      何もしていなくても痛むことがある。
      寝れないくらいの痛みが出たりする。
    • c31
    • 抜髄・感染根管治療などのエンド治療を行った後にFMCなどの補綴処置
  • C4
    • 痛む場合と痛まない場合がある。
      歯茎が腫れてくる。
      噛むと痛い。
      以前痛かったが我慢したら治ったことがある
    • c4
    • 抜歯が第一選択となる場合が多い・感染根管治療

きらら歯科の根管治療の流れ

神経に虫歯が到達すると、冷たいものがしみたり、温かいものがしみたりといった自覚症状が大多数の方に現れてきます。

人によっては夜眠れないほどの痛みを訴える場合もあります。
www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070001

麻酔をして、感染している歯の神経の組織を除去します

www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070002

神経を除去した部分に消毒薬を入れることにより殺菌を行います

www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070003

消毒を行ったことにより中が綺麗になったら、根管充填を行います

www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070004

感染の予防と、歯が割れないよぅに土台を入れます

www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070007

土台を入れたうえに冠(歯の部分)をかぶせます

www.shika-sozai.com_illust75_image_0167070008

*従来型の根管治療法と併用して患者さまごと、そして歯ごとに歯科医師が判断して行っております。

*根管治療時には、ラバーダム防湿またはZOO(口腔内吸引装置)を使用することにより出来る限り唾液由来の感染を起こさないように注意しております。

そのため治療中お口の中が乾燥しますのでご了承くださいますようお願いいたします。
詳しくは、きらら歯科担当歯科医師におたずね下さい。

af9920060611m

 

親知らずの治療

親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

お口の中で最も奥にある歯です。

0067000003

体調が悪い時などに突然痛くなって口を開けたりできないほどに痛くなることがよくあります。親知らずが虫歯になってしまい抜歯した方がいいのかどうか迷っている方も多いと思います。

親知らずは歯の中でも一番奥にあり、虫歯になっても気づかず進行し、抜歯することが多い歯でもあります。しかし、実は親知らずの虫歯が進行していても、しっかり治療して残した方がいい場合もあるのです。

親知らずがどのような虫歯の場合にしっかり治療して残した方がいいの か、どのような場合抜歯をした方がいいのかをについてご説明させていただきます。

親知らずの虫歯を治療して残したほうがいい場合

噛み合わせに参加している親知らず:親知らずが噛み合わせに参加している場合は、他の歯と同じように虫歯の治療をしたほうがいいです。虫歯になってしまった親知らずも治療ができる状態であれば、しっかりと治療をし、噛める歯に戻すことができます。

まっすぐに生えている親知らず:親知らずの多くは横や斜めに生えていますが、まっすぐに生えている親知らずであれば虫歯の治療が出来ます。親知らずがまっすぐに生えていないと治療のための器具が届かないため、虫歯を取ることができないのです。

お口が大きく開けられる方:親知らずは一番奥にあるので、お口が大きく開くのであれば虫歯の治療をすることができます。治療の際はある程度の時間、口を開けることが必要です。顎関節症であったり、口が開けられない方は治療が難しくなります。

永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だと言われています。

智歯は英語でwisdom teeth 知恵の歯という意味からきています。

親知らずは特にあごの小さい日本人の場合歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態となってしまいます。これを智歯周囲炎といい20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。

智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎骨に広がると顔が腫れたり、口が開きにくくなったりすることがあります。そのような場合には抜歯が第一選択となることが多いです。

しかしもし正常に生えている場合には当院では治療自体は困難ですがなるべく抜歯せずに治療を行わせていただいております。

どちらにしても、福生市にお住まいの方で親知らずでお悩みであれば、きらら歯科にご相談ください。

あきる野市きらら歯科では歯科衛生士の求人を行っております。優秀な衛生士さん募集中