こんにちは。あきる野市にありますきらら歯科 歯科衛生士の小林です。

今日は「歯の数」についてお話しさせていただきます。

af9920077944m

乳歯は20本、永久歯は親知らずを除いて28本あります。
歯を抜いてもいないのに歯の数が生まれつき少ない、足りないことがあります。
これを「先天性欠如(せんていせいけつじょ)」と言い、何らかの原因で生まれつき「歯胚(しはい)」歯の卵が作られず生えるべき歯が生えてこないことを言います。乳歯にも永久歯にも見られ、1本~数本足りない場合もあれば、まれに10本以上欠如することもあります。
原因はよくわかっていませんが、遺伝や全身的な病気薬の副作用、環境などが影響していると考えられています。
乳歯に先天性欠如が見られると、永久歯も欠如しやすいといわれていますが、必ずしもそうではなくきちんと生えてくることもあります。

一方乳歯に先天性欠如が無い場合でも永久歯に見られることもあります。
先天性欠如が出やすい歯は、
①下の歯の前の真ん中から5番目の歯(=下顎第二小臼歯)
②下の歯の前の真ん中から2番目の歯(=下顎側切歯)
③上の歯の前の真ん中から2番目、5番目の歯(=上顎側切歯、上顎第二小臼歯、)にも見られます。

先天性欠如の場合、隙間があったり歯並びが悪くなったりかみ合わせが悪くなることがあります。

先天性欠如とわかったら、特に治療せず様子を見る場合が多いです。
永久歯の歯胚がないと乳歯は抜けずにそのまま生え続けます。このような場合はできるだけ乳歯を長く残すことを考えます。
乳歯は永久歯に比べ、虫歯になりやすく根も短いので特にブラッシングが重要です。

ですが、本来生え変わる歯なので、だんだん根が吸収されて揺れ始めていずれ抜ける可能性があります。
もし永久歯は無い先天性欠如の場合や乳歯が抜けてしまった場合は、
①矯正治療
②ブリッジや入れ歯、インプラントなどの人工の歯を入れる

の治療があります。
空いた隙間やかみ合わせ、歯並びを整えます。
見た目、歯並びやかみ合わせも特に問題がない場合は、歯が足りなくても何も処置しないことがあります。

先天性欠如は約10人に1人の割合で現れるとも言われています。
先天性欠如とは逆で、正常な歯の本数よりも多く生えてくる場合があります。
「過剰歯(かじょうし)」と呼ばれます。
過剰歯は文字通り過剰=余分な歯のことで、口の中に生えてくる歯と顎の骨の中に埋まっている歯があります。
過剰歯の原因は歯の元である歯胚が過剰に作られたり、分裂したりすることによって歯が多く作られてしまうことだと考えられています。
過剰歯は正常な歯と比べ小さい場合や形状が異なる場合が多く、普通の歯のようにまっすぐ生えてくることはあまり多くありません。

曲がって生えたり、他の歯を圧迫するなどして、歯並びを悪くする原因となったり、永久歯が生えてこられなくなったりするリスクがあります。
この場合には抜歯の対象となります。顎の骨の中にある場合は抜歯が難しい傾向にあります。

過剰歯の発生頻度は30~40人に1人の割合で現れるといわれています。
過剰歯は女性よりも男性に多く、最も多いのは上顎の前歯の真ん中(正中)にできる正中過剰歯です。
他には上下の親知らずの後方に出てくることが比較的多いといわれています。

顎の中に埋まっているままの過剰歯の場合、痛みのような自覚症状がないことが多いため、気づかないことも多いです。
なかなか前歯が生えてこない、前歯の間が開いてというようなことが気になる時はきらら歯科を受診して相談してみてください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。