こんにちは。あきる野市の歯科医院・きらら歯科  歯科衛生士の大西です。
以前私が担当した記事で乳歯と永久歯の見分け方について書きましたが、今回は乳歯が生えてくる時期・永久歯との生え代わりの時期についてお話したいと思います。

乳歯と永久歯の見分け方について

 

 

【乳歯の名称】
まずは各歯の名称についてお話します。
歯科検診等で先生が「右上4番が~」等とお話をしているのを聞いたことがある方もいると思いますが、それは歯の名称です。正確には「右上第一小臼歯」などといった名称があるのですが、一般的には歯の番号・歯番(しばん)で呼びます。
永久歯は番号で呼ぶのですが、乳歯はアルファベットで呼びます。
中央の前歯を「A」として、その隣の前歯を「B」、犬歯を「C」・・・という具合で順に呼んでいきます。
例えば右上の4番目の乳歯の事は「右上D」と呼びます。

nyuusi  nyuusi2

 

【乳歯が生える時期】
一般的に乳歯は生後半年から下の前歯・歯番でいうAから最初に生え、続いて上顎Aと続きます。以下の画像に乳歯が生えてくる時期がまとめられておりますので、ご参考にして頂ければと思います。

nyuusi3

 

【乳歯生え代わりの時期】
6歳頃になると、乳歯の一番奥歯(上記の画像で言う、Dの歯です)の奥に一つ目の永久歯が生えてきます。6歳臼歯と呼ばれるものですね。続いて下の前歯・下顎Aが永久歯に生え変わります。
以下の画像に生え変わる時期がまとめられておりますので、是非ご参考になさって下さい。

eikyuusi

大体の方が小学校卒業する頃には全て永久歯に生え変わりますが、元々永久歯が無い等の原因で大人になっても乳歯がまだあるという方も珍しくありません。
また、親知らずが元々無い方も多いです。

乳歯の生え代わりが遅いと不安に感じる方も多くいますが、生え代わる時期は個人差がかなりあります。
もし不安でしたらレントゲン撮影をして永久歯が存在しているか否か診断もできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。