こんにちは。あきる野市にありますきらら歯科 副歯科衛生士長の岡部です。
新緑の季節、風が心地よい季節になりましたね。
今日は雨が降っていますので、ご来院される方はお足元にお気を付けてご来院ください。

今回は、たばこと歯周病は関係があるかお話をしたいと思います。

歯科衛生士によるPMTC

たばこの煙の中には、なんと4000種類もの化学物質が含まれています。
なかでも、「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」が3大有害物質といわれています。

たばこがお口の中の健康におよぼす影響は、歯が変色する、口臭が強くなる、唾液の分泌量が減少する、などです。
また、たばこのヤニがついていてザラザラになった歯の表面には、歯周病の原因となる歯垢が付着しやすくなります。

発癌性や強い刺激性を持つタールは、歯や歯石の表面に黒く沈着しますので、見るからに悪影響を及ぼしそうですが、ニコチンだって負けてはいません。
セメント質への結合が強いので、歯石を除去して綺麗な面を出してもすぐにまた汚れやすくなってしまいます。

さらに、吸い込まれたたばこの煙は、口の中の粘膜に触れながら血管を収縮され、血液の流れを悪くするため、歯や歯ぐきに十分な栄養がいきわたらなくなり、歯周病に対する抵抗力も弱くなってしまいます。

喫煙者は歯ぐきの血流が悪いため、歯周病の発症の危険が高まり、歯周病にかかっている人は症状が重くなるといわれています。

たばこの影響は、1日に吸うたばこの本数や喫煙年数によって、歯周病で失う歯の数と比例することが明らかになっています。
欧米の歯科医師の中には、「喫煙者の歯周病の治療は無駄である」 と極論する人さえいます。疫学調査によると10年間で失う歯の数が、タバコを吸わない人に比べて、約3倍という報告もあります。
ニコチンが免疫機能を低下させることで、喫煙者は歯周病菌による攻撃を防御する働きが弱まるからです。

たばこは歯にも影響を及ぼしますので、たばこを吸う人も吸わない人も歯のクリーニングにいらしてください。

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。