皆さん、こんにちは。あきる野市秋川駅徒歩5分のところにあります、きらら歯科 歯科衛生士池淵です。今年の春から歯科衛生士として働かせていただいております。まだまだ知識不足で至らぬ点も多いと思いますが、患者様一人一人に私の出来ることを精一杯させていただき、ありがとうと感謝していただけるような歯科衛生士になりたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

皆さん、歯科医院でよく「お口の中を全体的にお掃除しますね」と言われることありませんか?なぜお掃除しなきゃいけないの?と疑問に感じておられる方もいらっしゃるかと思います。このお掃除で私たちは「歯石」と呼ばれるものをお取りしています。今日はこの「歯石」についてお話しさせていただきます。

af9920077931m

歯石とは?

プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が石のようにかたくなったもののことを言います。
歯石には小さな穴が空いていて、そこを住みかに細菌が繁殖し、歯茎が腫れて出血したり、歯を支えている骨を溶かしたりするので歯周病一番の原因であると言われています。
つまり、歯石を取る=歯周病予防につながるということになります。

歯石を除去するメリットとは?

1.虫歯になりにくくなる
歯石が付着しているところは表面がザラザラしていて汚れが溜まりやすくなります。歯石を取ることによって汚れが溜まらなくなり歯垢中の細菌が原因で起こる虫歯にもなりにくくなります。
2.口臭予防になる
歯石の上についてしまった歯垢は落としにくくなります。溜まった歯垢が発酵しガスを発生することにより口臭を引き起こすことがあります。歯石を除去することで口臭を予防することもできます。

 歯石がつきやすい所は?

歯石は唾液の中のカルシウムの力を借りてかたくなっていくので唾液の出る場所の近くである「下の前歯の裏側」「上の奥歯の外側につきやすくなります。磨きにくい場所ではありますが、しっかりと歯垢を落として歯石がつかないように念入りに磨いて下さい。
磨いた後に舌で触ってみてザラザラしていたらまだ汚れがついている証拠です。
磨いた後、舌でツルツルになっているかどうかを確認していただくといいかもしれません。

また、歯石は歯科医院にある専用の器具でしか取ることができません。日々のブラッシングでいかに歯垢をきれいにお掃除していただけるかが重要になります。
ですが、どんなに毎日一生懸命磨いていても唾液中のカルシウムが多い方、歯垢をしっかりと落としきれていない時などは歯石がつきやすい状態になります。
そのため、定期的に歯科を受診していただいて私たちで歯石取りをさせていただき、少しでも患者様のお口の健康の手助けができればと思います。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。