こんにちは。あきる野市秋川駅から徒歩5分のところにあります、きらら歯科 歯科衛生士の加藤です。この度歯科衛生士国家試験に合格し春から歯科衛生士として働かせていただいております。
きらら歯科では、学生時代からアルバイトとして約3年間勤務していました。
患者様の気持ちに寄り添い笑顔で対応の出来る歯科衛生士を目指しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

本日は、歯周病が原因でもたらす全身の病気についてお話します。

歯が痛い時の対応

歯周病(歯槽膿漏)は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯周病にはすでに15~24歳で20%の人がかかっています。
歯周病はその後の年齢で増え続け、中高年の50%以上は歯周病にかかっています。
65歳以降になると歯周病にかかっている人は減りますが、それは歯周病によって既に歯を失ってしまった人が増えるからなのです。
歯周病はまさに国民病ともいえる疾患なのです。

歯周病が体に影響するの?と思われる方も多いのではないでしょうか。さまざまな病気が歯周病に関係してくるのです。

・低体重児早産

・狭心症

・心筋梗塞

・脳梗塞

・誤嚥性肺炎

・骨粗鬆症

・関節炎

・メタボリックシンドローム

など多くの病気が歯周病には影響してきます。

歯周病(歯槽膿漏)にならないよう進行をくい止めるには、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。
歯の表面をプラーク(歯垢)のない清潔な状態にしておく事が何より大切です。
歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去し、傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。

健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることも大切なことですので、きらら歯科で受診にいらしてください。

きらら歯科ではゴールデンウィークも朝7時~夜10時まで年中無休で診療しておりますので、皆様のご来院をお待ちしております。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。