皆さん、こんにちは。あきる野市秋川駅徒歩5分にあります、きらら歯科で主任歯科衛生士をしております船澤です。

新年度も始まり環境が変化したかたも多いかと思います。

身体が疲れてくるとお口のなかにも変化が現れることがございます。

不安な点やご質問がございましたらお気軽にお申しつけください。

今日のブログは私たち人間と動物の虫歯についてお話ししたいと思います。

そもそもなぜ虫歯になるのでしょうか。

gf2160141612m

それは歯につくプラーク(歯垢)の細菌が出す酸によって歯が溶けていくからです。

なので私たちは毎日歯磨きをしてプラーク(歯垢)を取り、虫歯予防をしているのです。

そして食事や間食をするたびにお口の中は酸性になり虫歯になりやすい環境になってしまいます。この時活躍してくれるのが唾液です。

唾液には酸性になったお口の中をアルカリ性に戻してくれる作用があります。ですが時間をかけて戻していくため間食などが少ない方が良いとされています。

なのでできるだけ食事は決まった時間に取るのが理想的です。

では歯磨きをしない動物はどうなのでしょう。

なんと歯磨きをまったくしない野生動物ですが虫歯になる確率は低いようです。

歯磨きをしていないのになぜでしょう。

それは食生活が大きく関係しているようです。

野生動物の食生活の特徴

・自然のものをそのまま食べる

当たり前ですが野生動物はお肉、野菜、木の実など加工せずそのまま食べます。

 

・良く噛んで食べる

硬いものを良く噛んで食べることで唾液がたくさん出ます。

 

・糖分は果物だけ

糖分の摂取はアルカリ性の高い果物を食べているそうです。

 

以上のことから野生動物の口腔内環境はアルカリ性に保たれている時間が長いので虫歯になりにくいと言われています。

ですが餌がなく人里におりてくるサルはどうでしょう。

人間が食べる加工食品を食べているせいか虫歯や歯周病などがみられるそうです。

美味しく食事をするためにも食後のお口のケアがとても大切です。

歯ブラシやお口のケアでお困りのことがございましたらお近くのスタッフにお声かけ下さい。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。