こんにちは。あきる野市にあります きらら歯科 副歯科衛生士長の岡部です。

今回は、妊娠するとお口の中の状態が変わることについてお話したいと思います。

 あきる野市きらら歯科の歯周病治療

妊娠するとお口の中の状態が変わります。

理由のひとつは、唾液の量が減ってしまうことです。唾液の量が減ることにより、お口の中のph値が酸性に傾くため虫歯になりやすい環境になります。

つわりで歯が磨けない時期が続いたり、食事が不規則になったり、食生活が変わり好みが偏ったりします。また、食べづわりなどでダラダラと長時間食べていると虫歯の進行につながってしまいます。

つわりが辛いときは歯磨きも辛いと思いますので、無理せずに子供用の小さい歯ブラシを使って磨くと楽にブラッシングできると思います。

また、歯磨剤を使用しないで磨いたり、食後に多めにブクブクうがいをするのも効果があります。

 

妊娠中は、つわりによって歯磨きができないときもありますが、胎盤で作られるエストロゲンという女性ホルモンが歯周病菌を増加させ歯ぐきの炎症を起こしやすくします。

さらに、重度の歯周病にかかっている妊婦は、歯ぐきの炎症が血液を通して全身に広まり、子宮収縮を起こして早産になるリスクが高いといわれています。

歯周病の妊婦の方は、そうでない妊婦の方と比べ、37週以前の早産や低体重児を出産する危険性が7倍も高くなるという報告もあるそうです。

 

ちなみに、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はありません。

どこから虫歯菌がうつるかといいますと、お母さんや家族が使ったスプーンやお箸などから赤ちゃんに感染してしまいます。

 

妊娠中の歯科治療は、安定期(58ヶ月)であればほとんどの方が治療可能です。

是非、出産前に歯の検診、クリーニングをして、産まれてくる赤ちゃんのためにもお口の中を綺麗にしておくことをおすすめします。

ご質問等ございましたら、気軽に声をかけてください。

ご来院をお待ちしております。

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。