あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

本日の連休中もきらら歯科では休まず診療を行っております。

乳歯についての話題です

af0100036955m

乳歯から幹細胞を取得

九州大学の教授が画期的な研究成果を発表しました。

(九州大学医学部の研究です)

九大医学研究院研究グループが1本の乳歯からミニ肝臓作製

九州大大学院の栁佑典氏(小児外科学)らの研究グループが、乳歯から抽出した幹細胞を使い、肝臓など臓器の再生医療に取り組んでいる。

マウスでの実験に成功し、今後、人間と内臓組織が似ているミニブタでの実験を開始する。体のさまざまな種類の細胞に分化する幹細胞を利用した再生医療は、世界的に開発競争が激化している。九大は乳歯というありふれた素材と、立体造形物を作成する「3Dプリンター」を駆使した「医工連携」によって、この分野の最先端を目指す。

福岡市東区にある九州大大学院医学研究院棟の研究室。高さ2センチ、直径1センチほどのドーナツ状の「ミニ肝臓」ができあがっていた。

異常がある患者の肝臓に、このミニ肝臓を複数埋め込むと、肝臓の他の部分と融合し、機能回復につながるという。このミニ肝臓の元となるのが乳歯の神経部分だ。歯髄部分には、さまざまな種類の細胞に変化できる幹細胞が含まれている。

2003年に米・国立衛生研究所(NIH)の三浦晶子氏らのグループが取り出しに成功した。

子どもの乳歯から、様々な細胞に変化できる幹細胞を取り出して肝臓の細胞に変化させ、肝臓病のマウスに移植して症状を改善させることに成功した

九州大の田口智章教授(小児外科)らが、大阪市で開かれている日本再生医療学会総会で発表した。

廃棄される歯を有効活用した再生医療として注目される。

田口教授らは、九州大病院の歯科を受診した健康な子どもから、抜けた乳歯を譲り受け、内部の歯髄という部分にある幹細胞を採取。

変化を促すたんぱく質を加えて培養すると、肝臓の細胞とよく似た細胞が大量にできた。肝硬変のマウスの肝臓に移植すると、症状が改善したという。

幹細胞は体内の脂肪や骨髄などからも採取できるが、乳歯の幹細胞は、廃棄される歯が原料なので入手しやすい。

田口教授は「将来は、生まれつき肝機能が悪い難病の治療に役立つ可能性がある」と話す。

たしかに乳歯は自然に抜けたり歯科医院で抜歯したりする場合があります。

そして乳歯の内部にある歯髄に幹細胞があるということは知ってはいましたが、それを利用できるとは科学の進歩はすごいです。

そして歯髄細胞から肝臓の細胞を作れるということは驚きです。

将来的に乳歯を抜歯と同時に歯髄を保存?

今後も医療が進歩していくと乳歯を感染が起きる前に歯科医院で抜いて冷凍保存して、将来の病気に備える・・・(おそらく感染を起こしている歯髄細胞は使えないと思います)

それに対して費用負担(おそらく歯髄細胞を十数年保管というとかなりの金額がかかるのではと思います)を親が行い子供の将来の健康に投資する。

それが親の愛情になるのかもしれません。

1334550002

現在矯正歯科診療は高額ですが将来の子供のためなら!ということで投資されるご両親が多いですが、将来は幹細胞を保存してあげるということが大人の責務になっていくのかもしれません。

「6歳のころに抜いた乳歯で将来数十年後の病気の治療に役立てる」そんなことが現実になるかもしれませんね。

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属