こんにちは。あきる野市 きらら歯科 主任歯科衛生士の河村です。

今日は、誰もが毎日手にするであろう「歯ブラシ」についてお話しします。

歯を清潔に保つためには欠かせない歯ブラシ。皆さんはどのように管理していますか?実は歯ブラシは相当汚いのです。

お口の中にはたくさんの細菌がいます。細菌だらけのお口の中にいれるため歯ブラシも当然汚れます。なんとその歯ブラシには、1億以上の細菌が付着しているといわれています。

そこで歯ブラシを不潔にするNG習慣をご紹介します。

 af9920077931m

・他人との歯ブラシの共有

他人の細菌が体内に入ることによって病気や感染症のリスクがあがります。

家族や恋人と1本のブラシを共有するのはやめてください。

 

・歯ブラシをしっかり洗わない

歯ブラシの毛の部分に食べかすなどが残っていると、腐敗し、細菌が増殖します。しっかり洗いましょう。

 

・歯ブラシを乾かさない

濡れたままの歯ブラシは細菌が増殖しやすくなります。

使用した歯ブラシはしっかり洗い、タオルやティッシュで水をふき取り、コップに立てて置いておく場合は毛先を上にして、風通しの良い場所に保管しましょう。

  

・複数の歯ブラシをひとつのコップで保管

歯ブラシの毛先が触れ合うと細菌が移り、歯ブラシを共有しているのと同じことになります。

毛先が触れ合わないように気を付けるか、独立させて保管しましょう。

 

・トイレの近くでの歯ブラシの保管

お風呂・トイレ・洗面所が一体となっているユニットバスでは、歯ブラシの置き場所に要注意です。

トイレは使用するたびに目に見えない細菌が空気中に飛び散り、大腸菌などの細菌が付着する可能性があります。そのためトイレから離れた場所に置くようにしましょう。

 

・歯ブラシを取り替えない

歯ブラシの先が広がってる場合はもちろんですが、歯ブラシに問題が無いように見える場合でも長期間使用することでたくさん細菌が付着しています。

そのため1か月に1回のペースで交換するようにしましょう。

また毛先の広がっている歯ブラシは毛先がしっかり歯に当たらず、汚れを十分に落とすことが出来ません。そして歯や歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので交換しましょう。

 

以上、歯ブラシのNG習慣になります。

毎日当たり前のように口に入れている歯ブラシですが、取り扱いには注意しましょう!

何かご不明な点がありましたら、気軽にお声掛けください。

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。