こんにちは、きらら歯科の副歯科衛生士長 岡部です。

花粉症の方にはつらい時期になりましたね。

花粉症の症状により治療中に息苦しいことなどありましたら、遠慮なくスタッフにお申し付けください。

 

さて、今回は「キシリトール」についてお話ししたいと思います。

みなさん「キシリトール」をご存知ですか?

テレビのCMやお菓子売り場などでキシリトール入りのアメやガムを目にしたり、聞いたことありますよね?

実は、キシリトールってとっても歯に優しい「甘味料」なのです。

シラカバやカシなどの樹木、そして植物から作られる天然甘味料です。

身近なものではイチゴ、レタス、カリフラワーなどの成分に含まれています。

砂糖と同等の甘味がありますが、カロリーは少なく爽やかな冷涼感があるのが特徴です。

さらに、キシリトールは厚生労働省より認可されている安全で安心な天然の甘味料として注目されています。

af9980008674m

なぜキシリトールが歯に優しいの?

○キシリトールは唾液の働きを助けて歯の石灰化を増強してくれます。

キシリトールのひんやりした冷涼感とガムをかむ効果で唾液の出る量が多くなり虫歯菌を洗い流す効果もあるのです。

○キシリトールは歯のエナメル質を溶かしてしまう虫歯菌の栄養になりません。

虫歯菌は糖分を栄養にして酸を作り、歯を溶かします。でもキシリトールは酸を作りません。また菌自体にキシリトールを取り込むことで菌が弱ってきます。

○キシリトールを手軽に摂るには、ガムやタブレットなどがお勧めです。

甘味料の成分として50%以上含まれているものが望ましいといわれています。

○キシリトールの効果を上げるには、お口の中を綺麗にしておきましょう。

ブラッシングも大切ですよ。また定期健診のためのクリーニングもお勧めです。

 

ぜひ、きらら歯科で検診してみませんか?

お待ちしています。