こんにちは。あきる野市きらら歯科 歯科衛生士 小林です。

唐突ですが、今舌の先はどこの位置にありますか?

af9980008674m

ほとんどの方が舌先がどこにあるかなんて、意識したことはないのでしょうか。
ですが、歯並びは気にされている方は多いのではありませんか?

歯列(歯並び)は生まれつきのものと思ってらっしゃる方が多いと思いますが、日常生活での舌の動きが歯並びに影響を与えている場合があります。
何かに夢中になっている時に口をポカーンと開けて、舌が出ていたり、飲み込む時に舌をつき出したり、歯を押すような動きをすることがありますが、これを舌癖(ぜっへき)といいます。

私たちは1日に600~2000回位、無意識に飲み込む動作をしています。
舌癖のある人は、飲み込むたびに舌で歯を押していることになり、そのため出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間が開いたりすることがあります。
また話をする時にその隙間に舌が入るため、サ行、タ行、ナ行、ラ行など舌たらずな発音になることもあります。
このように舌癖があると、歯並びや発音に大きな影響を及ぼします。

舌癖の原因としては、
・口呼吸(鼻、アレルギー、病気等が原因)
・舌小帯(舌と下顎をつないでいるヒダ)が短いため、動きに制限がある
・指しゃぶり
・遺伝 
等があります。

af0150022967m

分頭の問いかけの舌の先の正しい位置は、スポットと呼ばれるところに舌の先があるのが正解です。
スポットとは、上の前歯の裏側の歯と歯肉との境目からの喉の方向に1.5センチ位のなみなみのヒダより奥の窪みの場所です。
ここに舌の先をつけて、くいしばらずに口を閉じている状態が正解です。

上記の舌小帯が短い場合は、切除術を行う場合もあります。

そして、舌と口のまわりの筋力をきたえるトレーニングのMFTというのもあります。

この先の詳しい内容は次の私のブログでお話していきたいと思います。