んにちは。あきる野市秋川にあるきらら歯科の田嶋です。

今日は抜歯についてお話したいと思います。

 

歯科医院に通院していて、“ 残念ですが、この歯は抜かなければ成りません。”という言葉を聞くと誰しも一瞬“ ドキッ ”とするものです。

ここでは、歯を抜くときの疑問や注意点を、1.麻酔をするとき、2.歯を抜いた後(帰宅後)、3歯を抜いた後の傷の治り方、といった3つのステップに分けて解説し、治療を受けるにあたって皆さんが抱きそうな不安の払拭に役立てて頂こうとするコーナーです。

af0150022879m

  1. 麻酔について

麻酔の方法は、全身麻酔と局所麻酔の2つに大きく分けることができます。通常、歯を抜く場合は、局所麻酔の中の浸潤麻酔と言う方法(治療する範囲のみを部分的に麻酔する方法)で行います。このとき用いる麻酔薬は、劇薬の指定を受けていますが、使用量が1ml~5mlと少量なことと、メーカーからアレルギーの少ないものが開発されていますからかなり安全です。ですからほとんどの場合ご心配要りません。( ただし、アレルギー体質の方は注意が必要です。)また、体内に入った麻酔薬は、血清や肝臓中で速やかに分解され尿と共に排泄されます。ですから、妊婦の方にとっても、麻酔薬が胎盤を通過することは無く安全です。一方、麻酔をするときに用いる注射の針のサイズは、歯科のものは医科のものより相当細く出来ていますから、刺したときの痛みも予防接種と比べると相当軽減されています。さらに表面麻酔といって、針を刺す前に予めその部分をしびれさせ痛みをあまり感じないようにするために“麻酔のジェル”を塗ります。塗った後時間を置くことで麻酔の針を刺した時の痛みを軽減させることが出来ます。そのためお子様でも 安心して麻酔をすることが出来ます。

 

麻酔の前の予備知識

* 唇の近くに麻酔をすると唇がしびれます、鼻があると鼻が詰まったりします。

* 麻酔薬の中には、使用量が僅かでも効果が長持ちするように、“血管収縮剤”というものが入っています。その薬の影響で、麻酔の後、心臓の鼓動は激しくなり、一時的に血圧が上昇します。

* 高血圧の方や、以前に麻酔を打って気分が悪くなったことがある方、アレルギーの出た方は、予めお申し出下さい。

*心臓に疾患があったり、喘息、アレルギー体質の方も予めお申し出下さい。

* 麻酔の後、気分が悪くなったり(宙に浮いた感じになったり)、頭痛が生じたときは、遠慮なくその旨を主治医に伝え、治療をストップしてもらって下さい。

* 治療前に緊張している場合は、別のことを(治療後、何をして遊ぶかとか)考えたり、足上げ腹筋をしたりして、気を紛らして下さい。(呼吸は深くゆっくりと!)

 

2.歯を抜いた後

抜歯後の傷の治り方( 治癒の順序 )・注意事項

抜歯当日の注意事項

手足に出来た傷も、抜歯後の傷も傷に変わりはありません、ですから治り方はほぼ同じです。でも、お口の中は常に湿っているので、傷口を保護するはずの血餅(けっぺい:血の塊・かさぶた)が食事や歯磨きをした拍子に剥(は)がれてしまうことがよく有ります。

血餅が流れると傷口は無防備となり、そこにお口の中の細菌が感染して治りが悪くなったりします。ですから歯を抜いた日は、次の5つの注意事項をお守り下さい。

1. 出血を確実に止めるために、清潔な脱脂綿やガーゼを傷口に当て、充分な時間(30分前後)  噛(か)みながら傷口を圧迫して下さい。( 出血が再度始まったときも同様にして下さい。)

2.激しいうがいをしないで下さい。

3. 激しい運動や長風呂は控えて下さい。

4. 飲酒、喫煙は控えて下さい。

5.お薬は、化膿止めと痛み止めがでます。化膿止めは必ず飲みきって下さい。但し痛み止めを連続して服用する場合は1回目の服用から6時間以上あけてから服用するようにしてください

くれぐれもお大事になさって下さい!

 

3.歯を抜いた後の傷の治り方

1. 術後1時間:麻酔が切れて来るため、徐々に痛み始めます。( それまでに医院でもらった痛み止めを飲んでおいていただくと楽に過ごせるかと思います。)

2.術後半日:血液が柔らかい血のかたまりになります。(まだ柔らかいので、激しいうがい等の刺激ですぐに流れてしまいます。血のかたまりは、傷口保護のために必要ですから大切に扱って下さい。)

3.歯を抜いた当日の夜:痛むことがよく有ります。そんなときは痛み止めを飲んで下さい。(もちろん痛みが出ないこともあります。)

4. 2.3日経過後:血の味はしなくなりますが、食べ物が傷口の凹みに入ってきます。(うがい薬でしっかり消毒(グチュグチュうがい)しながら、食べ物を洗い流して下さい。)

5. 術後3日間:まだ傷口の辺りのほっぺが腫れて来る可能性が有ります。( 特に傷口を縫ってある場合)

6. 術後4日:ほとんど痛みも無くなり、傷口はかなり落ち着いてきます。( まだ、ジクジク痛んでいる場合、傷口が感染を起こしている可能性が有ります。お口の中には雑菌が多いので、身体の抵抗力が落ちていたり           するとよく起こります。→  主治医に伝えて下さい。

7. 術後1週間 順調に経過すれば腫れも退き、傷口のことが余り気にならなくなります。

8. 術後1~2週間 ひどく腫れた場合は、その辺りの皮膚が青味を帯びてきます、その後徐々に黄色に変化した後、消えて行きます。

9. 術後2~4週間 血のかたまりからできたカサブタが、傷の周囲から徐々に歯ぐきに変わってきて、ほぼ1ヶ月で歯ぐきが傷口全体を被うように成ります。( ただし、まだ傷跡は、凹んだままです。)

10. 術後2~4ヶ月 傷跡の凹みが少しずつ小さくなり、食べ物が詰まることからもやっと解放されます。

11. 術後5ヶ月~6ヶ月 傷跡がほとんどわからなくなります。(見かけの完治)Br(かぶせもの(差し歯)の一種)や入れ歯の型取りを始めるのは、この時期です。

12. 術後7~10ヶ月 歯ぐきの下では細胞が骨を一生懸命に作っています。( 本当の完治はこの頃です。)

* その他:歯を抜いた後、唇が痺れていることが有ります、そのような時は麻酔が充分切れるまで1~2時間、様子を見て下さい。その後も痺れが続くようでしたら、主治医にその旨伝えた後、指示に従ってください。 ( 痺れが残っても、ほとんどの場合、半年~1年位で徐々に治ってきます。)

歯を抜くというのは不安に思うと思いますので、ご質問等ございましたら、ご相談ください。

歯科衛生士によるPMTC

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。