こんにちは。あきる野市きらら歯科 副歯科衛生士長の久下です。

今日は根管治療についてお話したいと思います。

歯の根の中の管の事を根管(こんかん)といいます。

根管の中には神経があります。

虫歯が進行して神経の近くまで達すると痛みが強くなり根管内の神経を取り除く必要が出てきます。

 

歯の根の治療には時間がかかったり、痛くなかった歯に痛みが出たり・・・

なんで治しに来たのに痛くなっているだろう?と思ったことはありませんか

gf2160141612m

根管治療は歯の根の中を消毒する治療です。

治療によって歯のもちが全く違います。

 

神経を取り、根管内を消毒して(数回)薬をつめて細菌が入り込まないようにします。

 

根管治療が必要な症状とは

1.虫歯が進行して痛みが強いとき(麻酔して神経をとる抜髄[ばつずい])

 

2.神経が死んでいると噛んだ時に痛みが出る。

        虫歯が進行したり、歯をぶつけると歯の神経が死んでしまう事があります。

    死んだ神経が腐ってしまい、その細菌が根の先までたっすると噛んだ時に痛みが出ます。   

3.歯の根の先に膿が溜まった時(一度、神経取っても溜まる時あります。)

     神経が死んで時間が経つと根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)という膿ができます。

    症状が出ない事が多く、レントゲンを撮った時に見つけられます。

    放置すると大きくなり腫れや痛みが出ることがあります。 

4.歯ぐきにプチっと白いできものが出来た時

     根の先に膿が溜まると歯ぐきにプチっとできものができます。膿の出口です。

5.歯ぐきが腫れて痛みが出た時

     根の先に膿が溜まってると疲労などで体の抵抗力が下がった時に歯ぐきが腫れ痛みが出る

根管治療後に痛みが出る場合があります。

根治した事によって体が膿を外に出したがっている状態なので痛みが出ます。 

神経の治療の大半は1~3回で終わりますが、膿がまだ出ていたり痛みがある場合はもう数回かかり個人差があります。

早く終わらせたい気持ちがあると思いますが、最後まできちんと通ってしっかりと治して下さい。

af9920077944m

このような症状が出てきたら、様子を見ないですぐご相談してください。

疑問・質問などもお気軽に聞いてください。

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。