こんにちは。
あきる野市にある歯医者さん、きらら歯科の副歯科衛生士長、岡部です。

今日は、唾液の働きについてお話したいと思います。

意外と知らない唾液の話

唾液は、耳の下にある耳下腺、顎の下にある顎下腺、舌の下にある舌下腺の3箇所から分泌されます。
では、1日に分泌される唾液の量はどのくらいか、知っていますか?

なんと、1リット ルから1.5リットルです!

皆さんが想像しているよりも、意外とたくさん唾液は分泌されているのです!

今日は、そんな「唾液」の効果を簡単に説明したいと思います。

af9920077944m

唾液の働き

★抗菌作用

唾液には、抗菌作用を持つ ラクトフェリンリゾチームなどがふくまれていて、細菌の増加を抑えてくれます。

★消化作用

唾液は消化の働きもしてくれます。
唾液中のアミラーゼという酵素が、お米やパンなどの炭水化物を消化してくれます。

★中和作用

お口の中はもともと中性なのですが、食べ物を食べた後は酸性にかたむいてしまいます。
唾液は、この状態を中性に戻してくれます。

★自浄作用

自浄作用とは、歯の表面に着いたプラーク(歯垢)や、食べかすを洗い流してくれる作用のことです。
唾液の量が少ないとお口の中が汚れてしまったり、虫歯になったり、口臭が出やすくなったりします。

★咀嚼(そしゃく)、嚥下(えんげ)作用

咀嚼とは食べ物を噛むこと、嚥下とはそれを飲み込むことをいいます。
唾液は、食べ物と混ざることで飲み込む負担を和らげてくれます。

★再石灰化作用

虫歯ができてしまうと、虫歯菌が出した酸によって歯のカルシウムが溶け出してしまいますが、唾液にはカルシウムミネラルを補充したり、修復してくれる働きがあります。

af9920074194m

…などなど、以上が唾液の主な働きです。

普段、意識することはあまりない唾液のこと、少しは知ってもらえたでしょうか?

唾液は、お食事中、噛めば噛むほど分泌されます。
よく噛んで唾液を分泌することは、実は虫歯予防のためにも大切なことなのです。

皆さんも、ぜひ毎日のお食事を楽しく、よく噛んで、虫歯予防につなげていきましょう!

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。