こんにちは。
きらら歯科 歯科衛生士長の冨田です。

今日はフッ素入りの歯磨き粉についてお話したいと思います。

なんとなくフッ素は歯に良いのは知っているけれど、実際にはどう取り入れたらいいの?子供に害はないの?と心配されている親御さんもいらっしゃるかと思います。
フッ素入り歯磨き粉の効果を確実に発揮させるために、正しい使い方をご紹介します。

af9920077931m

近年、各会社の歯磨き粉のほとんどにフッ化物が配合され市場占有率は90パーセント程度になっています。
皆様がお使いの歯磨き粉にもきっとフッ素が入っているのではないでしょうか。

歯磨き粉に配合されているフッ化物の役割は重要で、フッ化物配合の歯磨き粉の利用が虫歯予防に欠かせない事は多くの疫学研究から明らかになっていて、科学的根拠が確立されています。

フッ化物の虫歯予防効果を高めるためには・・・

「フッ化物を歯面(リスクのある歯)にしっかり届ける。」

歯磨き粉が唾液などで薄まらないうちに、歯と歯の間や、歯の溝にもしっかり歯磨き粉を行き渡らせてください。
もっとも虫歯になりやすいと言われている下の大臼歯、ついで上の大臼歯から磨き始めると良いです。
個人差がありますので歯科医に虫歯リスクが高いと思われる部位がある場合はその部位から磨き始めてください。

 

「歯磨き粉は軽く湿らせた歯ブラシにつけて2分間ブラッシング」

乾いた歯ブラシに歯磨き粉をつけてブラッシングを行うと歯ブラシの毛束の根元部分に歯磨き粉が残りやすくなります。
歯磨き粉の種類によっては適度な水分がないと紙面で広がりにくいことがあります。
歯ブラシを湿らせたら軽く水をきってから歯磨き粉をつけてください。

 

「ブラッシング後のすすぎは、1~2回」

せっかく歯面に取り込まれたフッ素も、ブラッシング後にあまりたくさんすすいでしまうと流れ出てしまいます。
出来れば1~2時間程度は飲食も避けたほうがフッ化物が長時間停滞し、予防に効果的です。

 

「歯磨き粉の量は年齢に応じて」

1000ppmのフッ化物配合歯磨き粉の場合、

☆まだしっかりとブクブクうがいができない3歳未満

→「爪を切った程度」の極少量のみ

☆3歳以上でブクブクうがいが出来るようになったら

→0.5cm(えんどう豆粒大:0.25g)

☆6歳くらいから  →0.5g程度

☆8歳くらいから  →0.7g程度

 

10歳ころには第二大臼歯の頭部分が完成しフッ化物の許容上限量は成人の許容量と同じになります。
小学校高学年ころからは1gを目安に使用するのが良いです。

(なお、1gの歯磨き粉は毛束が2cmの歯ブラシの場合、約3分の2程度に相当します)

 

ぜひ参考にしてみてください。

af9920077946m

きらら歯科では歯科専用のフッ化物を用いてフッ素塗布の処置を行っております。

何か気になる点があればスタッフに気軽にお声かけください。

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。