あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

本日はシロナデンタルシステムズ株式会社にお願いして院内セミナーを開催しました。セミナーの内容は消毒および滅菌についてです。

2016-01-19 13.26.11

講師の先生は、歯科衛生士でもあり滅菌技師の資格もお持ちのとても素敵な先生です。今回は汐留にあるシロナ日本本社から来ていただきました。

研修のテーマは、近年マスコミなどで感染対策が取り上げられることもあり、患者様も関心を示している「滅菌・消毒」分野です。

2016-01-19 13.22.48-1

当院は以前より滅菌消毒に力を入れており、バーなどの個別滅菌、自動洗浄機ミーレを使用した消毒などを徹底して行っております。当院では歯科衛生士学校の実習生のかたを受け入れているため、本日は当院の歯科衛生士3名と、東京西の森歯科衛生士専門学校の実習生4名、そして院長の私と医局長の青木先生で参加させてもらいました。

研修の最初にまず感染症といったら皆が知っているAIDS(後天性免疫不全症候群)についての怖い話からでした。

平成27年は3月~6月で新規HIV感染者が267名もいるとのことでした。日本では新規感染が減っていないとのことです。

2016-01-19 13.21.07

そして基本的な感染症の話から始まり、それに対しての対策・対応などについて皆で学びました。

歯科医院では不適切な滅菌処理が院内感染のリスクにつながります。院内感染のリスクについてのスライドです。

2016-01-19 13.22.30

院内感染を防ぐためにはスタンダードプリコーションが必要

スタンダードプリコーションが実際に完璧に行われていると答えている衛生士学校の卒業生は20%ぐらいだそうです。

(スタンダードプリコーションとは、病院などで、患者と医療従事者を感染事故の危険から守るために採られる、標準感染予防策のことである。患者の汗を除く分泌物(血液・体液)、排泄物、傷のある皮膚、粘膜などを感染の危険を有するものとみなす。

スタンダードプリコーションは、感染症の有無を問わず、全ての患者を対象に、またどのような場合においても実施する基本的な感染症対策である。 具体的な予防策としては、手洗い、手袋やガウンの正しい着用、器具や器材の正しい取り扱い、患者の隔離などが挙げられる。)

2016-01-19 13.27.34

スタンダードプリコーションの意味が分からない卒業生が50%もいるということも驚きですが・・・

当院では、スタンダードプリコーションの概念に基づいた消毒滅菌を行っておりますのでご安心ください。

きらら歯科で使用している滅菌機「クラスB」タイプのすべての細菌を滅菌できるタイプの装置です。

CIMG8588

次にクラス別滅菌機と滅菌可能対象物についての講義を受けました。

2016-01-19 14.02.01

滅菌機のクラス別の殺菌可能対象物の図です。クラスBはすべての器具機材を滅菌可能です。従来より歯科医院で使用されているクラスN滅菌機では、歯科治療に使用すタービンハンドピースなどは滅菌できないということを説明していただきました。

2016年01月22日07時54分15秒_002

きらら歯科では、すべてのタービン・エンジンハンドピース・3WAYシリンジなどをすべてクラスB滅菌機で滅菌を行っております。

DAC

以下の図にもありますが、きらら歯科では、ミラー、バー、ピンセットなどはクラスN滅菌機を使用し滅菌を行っております。

DAC2

使用後器具の洗浄・消毒・滅菌のフローについての説明を受けました。

2016-01-19 13.34.32-1

講習会が終わった後に、講師の先生に実際の当院の消毒滅菌室を見学していただきました。

当院では、自動洗浄機のミーレ、タービン注油装置アイケア、クラスBオートクレーブなど全て完備しており、また不潔域清潔域の分類も徹底しております。

当院のミーレジェットウォッシャーです。手袋は防刃手袋で針刺しを防ぎます。

IMG_8419

 

それもあってか講師の先生より、「きらら歯科さんはかなりしっかりと滅菌消毒を行っていますね」とお褒めの言葉を頂きました。

きらら歯科では、消毒滅菌は以前より徹底しておりますので安心してご来院ください。今後とも消毒滅菌レベル、治療クオリティ、スタッフの接遇など様々な研修を通して患者様に笑顔で通院していただけるよう努力してまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属