こんにちは。
あきる野市のきらら歯科衛生士、冨田です。

いよいよ今年も残りわずかとなりました。
みなさま新年を迎える準備でお忙しいと思いますが、体調を崩したりしていませんか?

疲れが溜まっていたり、寝不足などで免疫力が下がったりすると、お口の中に厄介なものができませんか?
そうです、あの口内炎です。

口内炎があるだけで、しゃべりづらかったり、すっぱいもの・辛いものがしみたり、
日常生活に支障をきたす事もありますよね。

今日は、誰もが経験したことのある口内炎についてお話しようと思います。

口内炎はなぜできる?

gf2160141612m

口内炎が出来る原因はいくつかあります。

  1. 睡眠不足
  2. ストレス疲労
  3. 栄養バランスの偏り
  4. 歯のかみ合わせ
  5. 全身性疾患

など、様々です。
口内炎に悩まない為には、口内炎の予防と正しい治療が必要です。

口内炎を防ぐには?

まず私たちに出来ることは…

1. お口の中を清潔にする

口腔内に汚れがたまると、細菌やウィルスが繁殖し口内炎が出来やすくなるので、
日頃から毎食後の歯磨きを欠かさないようにしましょう。

また、口腔内が乾燥していても口内炎になりやすいので、
なるべく鼻呼吸を意識して、こまめにお水やお茶を飲み、口腔内を潤しましょう。

口腔内を清潔に保つことが口内炎予防の第一条件です。

af9920077931m

2. しっかりと睡眠をとる

22時から2時の「睡眠のゴールデンタイム」は成長ホルモンの分泌が増えるので、
早めの就寝をおすすめします。

ストレスが溜まると免疫力が低下するので、
疲れた時はゆっくりと休み睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送るようにしましょう。

3. バランスの良い食事をとる

レバー(豚・牛・鳥)、うなぎの蒲焼、牛乳、納豆、鶏卵、
アーモンド、ヨーグルトなどに含まれているビタミンB2を積極的に摂取してみてください。

偏った食生活でビタミンB郡が不足すると口内炎が発生しやすいです。

また、ビタミンB郡だけでなく、女性に不足しがちな鉄分や、
皮膚や粘膜の働きを正常に保つ働きがあるビタミンAやCも取るように心掛けてみてください。

口内炎がなかなか治らない時は…

ほとんどの口内炎は7~10日程で治りますが、
2週間以上治らない時は全身性疾患に罹患している場合もありますので、一度ご相談ください。

また、きらら歯科では塗り薬やレーザー治療での痛みの緩和・治癒の促進も出来ますので、
口内炎でお困りの際は、いつでもご連絡ください。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

af9920060622m

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。