あきる野市きらら歯科です。

いつまでも若い男性タレントといえば郷ひろみさんが有名だと思います。郷ひろみさんの若さへの努力は歯のケアにも表れているんだと思いました。

朝食後、ランチ後、ディナー後、就寝前の1日4回、歯ブラシ、デンタルフロスを用いた歯みがきと、舌磨きを欠かさない。1回にかける時間は1セット10分程度とのこと!

ここまで磨いていたら確かに歯周病にならないかもしれませんね。

ただ歯周病はブラッシングと合わせて定期的な歯石の除去が必ず必要になります。歯石がつかないかたは1年に一度でもOKですが、普通のかたでは6か月に一度は歯石除去をすることをお勧めします。

超音波スケーラーをPMTCの前に使用することもあります

女性セブン記事より

10月18日に60才の誕生日を迎えた郷ひろみが、全国ツアー最終公演を迎えた日に、「歯周病0」を明かして話題になった。歯科医師で国立保健医療科学院統括研究官の安藤雄一さんに話を聞いた。

「本質的には年を取ったから歯周病になるとはいえないんです。ただ現象としては、年を取った人のほうが歯周病は進んでいるのも事実です。国の調査では、全国の60才前後の年齢で、全く歯周病の疑いのない人は8%しかいません」

 2011年歯科疾患実態調査で、60~64才の男性のうち、歯肉に歯石や歯周病などの所見がない人の割合はわずか8.1%という結果がある。

「歯周病にならないようにするためには、たばこを吸わない、虫歯にならないのも予防法の1つ。というのも小さな虫歯だとあまり問題ありませんが、大きな虫歯の場合、治療で詰め物をすることになります。詰めるとどうしても詰める部分に段差ができてしまい、そこに汚れがたまりやすいんです。歯周病の原因となる菌は空気がないところを好む。そうなるとにおいも伴ってくるんです。

 歯周病を防ぐには、毎日の歯みがきが重要ですが、においや出血、あるいはむずむずするなど何か違和感があるところは、重点的にしっかりと磨きましょう。デンタルフロスや歯間ブラシを使うと効果があります。また、自分で汚れをすべて取り除くのは難しい場合が多いので、歯科医で歯石を取ったり、クリーニングをしてもらうことが必要です。状態がいいかたは1年に1回でいいですが、そうでなければ3か月に1回など、定期的に通院しましょう」(安藤さん)

 ちなみに郷は、朝食後、ランチ後、ディナー後、就寝前の1日4回、歯ブラシ、デンタルフロスを用いた歯みがきと、舌磨きを欠かさない。1回にかける時間は1セット10分程度だという。

※女性セブン2015年12月17日号

歯周病治療には歯科衛生士のTBIを必要とします

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属