あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

H27年9月6日に品川で実施された定期管理型歯科医院を作ってみようという研修会に歯科衛生士および院長で参加しました。

2015-09-06 12.28.55

2015-09-06 12.46.27

各歯科衛生士からの定期管理型医院を作るための研修報告を記載させていただきます。

歯科衛生士長 冨田 奈緒

  • 定期健診と定期管理の違いを明確にできた。定期管理は初診時にリスク評価、治療終了後にリスクの再評価をし数か月後決められた期間で来院した際もリスクの再評価を行うので、歯医者に来なくてもずっと私たちが管理をしているという姿勢で定期管理するのはすばらしいと思った。
  • リスク評価のツールとして唾液テストは取り入れてみたいと思った。
  • 定期的にスケーリングしてもTBIをしてもどうしても虫歯が出来てしまう患者様などには特に唾液テストを実施したい。
  • 細菌磨いているのにどうして虫歯ができるの?と質問されることがありカイスの輪話をしたり食生活の改善を提案したりするがそのような場合にダイアグノデントのように、数値や実際に目で見える媒体を使って説明すると患者様もより納得していただけると思った。ただ唾液検査は自費なので金銭面でも納得してテストに参加していただくのはなかなか難しいと思うが唾液テストをおこなう利点として「患者様のモチベーションがあがる」「患者様への指導がやりやさうくなる」以外にも「定期管理型歯科医院のスタッフであるという意識が上がり、新人のモチベーションを上げることができる」ということなのでスタッフ教育の一環としてもよいと思う。
  • 歯科衛生士学校の実習生が来た時に「唾液検査」があることが強みになると思った。

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属