セレックシステムとは

セレックシステムとは、一言で説明すると、修復物(クラウンやインレー)をコンピューターを使用して設計し3Dプリンターのような装置で製作するシステムのことです。

通常であれば修復物である銀歯や通常のセラミックの歯は、印象といって型どりを行い、歯科医院から技工所に製作を依頼します。そして歯科技工士さんが手作業で石膏模型から人工の歯を製作します。そのため、患者さんはクラウンが完成するまでの数日間を、仮歯や仮のふたをかぶせた状態で過ごさなくてはなりません。

また人が製作すると、その時の気分や作る技工士さんなどによって若干のずれが生じてしまいます。これはどうしても人間が行うことなのでなくすことが出来ませんでした。

しかし、セレックシステムであれば技工所に依頼する必要がありません。

治療当日に修復物が完成し、その日のうちに適合の良いセラミックの被せ物を装着することができます。

img08

セレック治療の価格について

きらら歯科ではセレックという装置を使用したセレックブロック加工のみでなく、ファーネスを保持しているためe-maxという高強度セラミックの治療も行うことが可能です。

使用材料(セレックブロック)

特徴:審美性に優れ当日中に修復可能なブロック。歯と同じくらいの硬さのためかみ合わせにやさしい材料です。

インレー(小さな詰め物):25000円

クラウン(歯の全体にかぶせるもの):35000円

使用材料(e-maxブロック)

特徴:強度が高く、ブリッジなどにも使用できる。歯よりも硬いため割れずらい材料です。焼き上げが必要になるため2回来院が必要になります。

インレー(小さな詰め物):40000円

クラウン(歯の全体にかぶせるもの):50000円

セラミックの利点

セラミックを歯に入れることは、見た目が良いだけとか変色しないとかが利点だと思っている歯科医師の先生や患者様が多数いらっしゃいます。

しかし実はセラミックが最も優れているのは、虫歯の細菌が付着しないということなのです

*以下の写真が当院の歯科医師の歯に詰められているセレックの画像です。小さな2つの歯は歯科医師自身の歯です。溝の部分にプラークの付着が認められます。セレックは一番下の歯に入っています。

2015-10-20 11.49.19

プラーク(細菌の付着部分がわかるように歯垢顕示液で染め出しています)がほとんどプラークが付着していないのがわかりますでしょうか?

2015-10-30 17.15.05

以下の写真は通常の歯科技工所で作成したセラミックインレー

(関節法で作るため歯と修復物の間にプラークの蓄積が認められます)

上記写真のように適合も良いため、再度虫歯になりにくい治療法といえます。

Author Profile

kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。
「いつでも診てくれる歯医者さん」「痛くない歯医者さん」「わかりやすい説明」「高品質な治療」をモットーに診療している歯科医院です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計70名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
患者様の利便性も追求し、「朝7時~夜10時まで」「年中無休」で診療しております。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日200名を超える患者様が来院されています。
TEL:042-559-8849
http://kirarashika.com/
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部2001年卒業