あきる野きらら歯科院長の渡部和則です。本日も朝から天気がすぐれませんが、気持ちはたかぶっています。

何故かといいますと、本日ついに当院にセレックというセラミック加工装置が導入されるからなのです。

pi_cerec_hoehere_genauigkeiten_1

虫歯の原因をご存知でしょうか?名前の通り虫 細菌が原因となっております。虫歯の細菌は、すぐに増えるわけでなく、 歯や詰め物などの表面に付着して増殖するまでには時間がかかることがわかっています。

そして、付着のしやすさはその素材によりかわることもわかっています。

もっとも菌が付着しやすいのが、プラスチック、次に歯、そして金属、最後にもっとも細菌が付着しないのがセラミックなのです。

しかしセラミックにも欠点があり、型取りをした後に模型を作成し技工に出すためミクロのレベルで歯と詰め物の間に隙間があいてしまうことがあったのです。

しかしセレックACは光学印象

pi_detail_oc_unuebertroffene_handhabung_200

という最新の技術を取り入れているためマージンのギャップが少ないためとてもぴったりとした歯をセットすることが可能です。

本日早速模型上で適合度合いなどをチェックしてブログに掲載させていただきたいと思います。

セラミックの歯を適合良く歯に入れると、プラークと呼ばれる細菌の塊がほとんどつかないため、「2次カリエス」と呼ばれる治療した部分がまた虫歯になることを徹底的に防ぐことができ予防歯科につながると考えられております。

table_img05

セレック治療についてはこちら

 

 

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属