きらら歯科ではCAD/CAM冠を導入します

あきる野市きらら歯科では、2015年11月中旬より最新のセレックAC装置を使用したCADCAM冠作成を開始いたします。

pi_cerec_hoehere_genauigkeiten_1

当初は院長がスタッフ歯科医師に対して作成し適合状況などを確認したうえで患者様に導入していく予定です。

CAD/CAMセラミック冠(クラウン)とは?

CAD/CAMセラミック冠(クラウン)とは、ドイツ生まれの歯科用CAD/CAM装置『CEREC(セレック)』を使用し、コンピューター制御で作り出した補綴物です。

CAD・CAMセラミック冠(クラウン)は、従来のセラミック(築成)に比べ、工場レベルで高度に重合されたセラミックの『ブロック』をCAD/CAM装置によって削り出すため、高級なセラミック補綴物に比べ安価で提供できます。審美的にも優れています。

pi_cerec_4_3_fraesen_2

CAD/CAMセラミック冠(クラウン)のメリット

  • セラミックだから丈夫で長持ち。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • 自然な感じの白い歯で仕上がりがきれい。
  • 歯科技工所に依頼しないので経済的。
  • 特殊なシステムで接着するので(アルティメットセメント)二次的な虫歯を起こしにくい。

af9920077946m

Author Profile

kirarashika
kirarashika
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属/日本補綴歯科学会所属/日本歯内療法学会所属/日本先進インプラント研究会所属/日本一般臨床医矯正研究会所属/日本口腔インプラント学会所属/インプラント再建歯学研究会所属