あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

きらら歯科では、消防法により特定用途の防火対象物となり甲種防火管理者の選任が必要になりました。

スタッフ増員と患者様に多数いらしていただいているため、消防法で、収容人員30名以上の診療所は特定用途の防火対象物という区分になるとのことです。

防火管理者について

防火管理者とは、多数の人が利用する建物などの「火災による被害」を防止するため、防火管理に係る消防計画を作成し、防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行う責任者をいいます。

消防法では、一定規模の防火対象物(*1)の管理権原者(*2)は、有資格者の中から防火管理者を選任して、防火管理業務を行わせなければならないとされています。

防火管理者の選任が必要な防火対象物は、次の「防火管理者の資格」をご覧ください

*1 防火対象物:建築物や工作物など、火災予防の対象となるもの(の全体)をいいます。

*2 管理権原者:防火対象物の所有者や借受人、事業所の代表者など、管理行為を当然に行うべき者(防火管理の最終責任者)をいいます。

007

そのため、甲種防火管理者の選任が必要となります。

簡易な乙種防火管理者では、規準を満たさないようです。

そのため、昨日甲種防火管理者講習を受けに秋葉原まで行ってきました。

歯科以外の勉強会に参加するのは久しぶりです。

image

東京消防庁の消防技術試験講習所は秋葉原にあります。

image

駅から歩いて5分くらいで到着しました。

あまり消防法を勉強する機会がなかったので、大変勉強になりました。

消火栓の使い方や、消火の種類、防火区画、スプリンクラーな仕組みなどを学びました。

先生がたの説明もわかりやすく、スタッフにも学んでもらい、火事などの時に患者さまスタッフともに安全な避難誘導できるように、訓練も行っていきます。

無事効果測定(試験)も無事合格しました。

防災管理者

今後ともきらら歯科では、患者さまの安全安心のために色々と取り組んでいきます。よろしくお願いします。

 

Author Profile

kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。
「いつでも診てくれる歯医者さん」「痛くない歯医者さん」「わかりやすい説明」「高品質な治療」をモットーに診療している歯科医院です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計70名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
患者様の利便性も追求し、「朝7時~夜10時まで」「年中無休」で診療しております。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日200名を超える患者様が来院されています。
TEL:042-559-8849
http://kirarashika.com/
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部2001年卒業