CTと歯科治療について

通常の2次元断層撮影(パノラマレントゲン)だけでは、安全なインプラント治療を行うことはできません。

また歯の内部の状態や、歯の周囲の状態を的確に診断するには、どうしても3D(3次元)の撮影装置が必要となります。

きらら歯科では、3DのCT装置により、素早く診断、治療計画が出来ます。また、インプラント手術後の3次元の評価も可能です。

CTの導入によりきらら歯科ではこれまで以上に高レベルな診査診断を行い患者様が安心して歯科治療を受けることができるようになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

トロフィーパン スマート オシリス3D

きらら歯科で導入予定のCTがこのオシリス3Dです。現在発売してそれほど経っていない新型のCT装置です。

image

最薄75μmのスライスピッチと、最大φ80×90mm撮影範囲での 撮影が可能なCTです。

20140807101815_3

パノラマ撮影と併せ、インプラントから歯内療法まで、広範囲の診断活用できるのがこのCTの特徴です。

また、印象スキャン機能を搭載しているので、CAD/CAMのスキャナーとしても、活用できるCTです。

●一般的名称:デジタル式歯科用パノラマ・断層撮影X線診断装置/アーム型X線 CT 診断装置

●販売名:トロフィーパン スマート オシリス2D/3D

●製造販売元:㈱エム・ディ・インスツルメンツ

仕様

X 線発生装置
管球焦点:0.7mm(CEI OPX/110-S)
:0.6mm(Toshiba D-067)
管電圧:60〜90kV
管電流:2〜15mA
センサー:C-MOSセンサー
パノラマ方式
倍率:1.2倍
撮影モード:全周パノラマ、部分パノラマ
:TMJ4分割、TMJ2分割、上顎洞
照射時間:1.98〜14秒
3D方式
視野(cm):4x4、5x5、8x5、8x8、8x9
ボクセルサイズ:75〜300μm
照射時間:7〜15秒
重量:92㎏

Author Profile

kirarashika
kirarashika

東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属