シロナ製の歯科ユニットの見学へ

あきる野市きらら歯科院長渡部和則です。

本日は、新規に購入予定のドイツ「シロナ社」製の歯科診療用ユニットの見学に、汐留の東京ショールームに見学に伺いました。

今まで汐留に行ったことはなかったのですが、新橋駅と築地市場の間あたりで、高層ビルが立ち並ぶとてもおしゃれなエリアでした。

シロナ社とは

ドイツを本拠とする世界シェア40パーセントの歯科機器メーカー

pi_sivision_teneo_arzt_patientin_646

2015-04-22 12.28.38

シロナデンタルシステムズ株式会社は、創業130年の歴史を持つ、ドイツの伝統ある歯科用機器専用メーカー・シロナの日本子会社です。シロナの製品は100を超える国々のドクターに愛用され、患者用ユニットをはじめとする機器の世界シェアは40パーセント。ドイツ・ベンツハイムのイノベーションセンターにおいて開発される新製品は、常に革新的技術を搭載し、デザイン性にも優れています。例えば先進的な歯科用CT、ワンデートリートメント(日帰り治療)に欠かせない歯科用CAD/CAMシステムなどは業界を大きくリードする製品として注目を集めています。

予定の時間の少し前に伺うと入口にWELCOMEボードが設置してありなんとなく嬉しいですね。

ファイル 2015-04-23 9 07 57

肝心の歯科診療用ユニットは、LEDライトを使用した照明と以前の「シーメンス」時代からの術者患者様のことを知り尽くした人間工学が随所に取り入れられておりほんとうに魅力的なユニットでした。

現在使用している国産の「ヨシダ製作所」製の診療台はふかふかすわり心地が患者様から好評なのですが、今回のシロナ製ユニットはとても固いです。

担当の営業の方に聞くと、ドイツはメルセデスベンツも含め椅子は硬めの座り心地が人気があるようで、ドイツ本国ではふかふかのシートは作られてないとのことでした。

ライトはLED製ライトでとても明るく好評だとのことです。

2015-04-22 11.05.32

シロナの担当の営業のかたはとても紳士的で信頼できるかたで、診療台をKAVOにするかモリタにするか、ヨシダにするか迷っていたのですが、今回はシロナ社製診療台を導入することになりそうです。

その後同じ展示室内にあったシロナ社製の「セレックAC」を見学しました。

セレックACのデモンストレーションは、きらら歯科にて行っていただいたこともあったのですが、今回再度見学をさせていただきました。

cerec01

きらら歯科でも、今回の改装を機に導入を考えております。

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

美しく輝く白い歯をあなたに。セレックは、大満足の審美歯科治療をお約束します。

※セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のこと。
※症例により型取りが必要な場合もあります。

 

 

Author Profile

kirarashika
kirarashika
東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属