こんにちは。

あきる野市の歯科医院、きらら歯科の副歯科衛生士長 久下と申します。

 

 

 

春になって暖かくなり、花粉症の季節 真っ盛り

花粉症の方にはお辛い時期の到来ですが、皆様お身体の調子はいかがでしょうか?

 

 

 

 

花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみなどが代表的な症状かと思います。

しかしそれだけではなく、お口の中のトラブルの原因 にもなってしまうのです。

 

 

今回はそんな 花粉症歯周病 の関係について書かせていただきます。

 

 

 

花粉症で鼻がつまってしまうと、鼻呼吸がしづらくなります。

そうすると口呼吸をすることが多くなりますが、

口呼吸をすると口の中の水分が蒸発しやすくなり、口の中が乾燥 してしまいます。

そして更に花粉症の薬を服用している場合には、その薬が唾液の分泌をも抑えてしまうものが多い ので、花粉症の症状が抑えられたとしても、ますます口の中は乾燥してしまうのです。

 

 

唾液には浄化作用がありますので、口の中が乾燥してしまうとその唾液の浄化作用が充分に働かず、口内に細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

そのため、歯に 歯垢(プラーク) が付きやすくなります。

そのような状態の中、歯みがきが充分でない場合には、更に歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

歯垢は約2日で歯石になってしまう と言われており、歯石になってしまうと硬くて歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。

歯垢の中には 無数の細菌 が住み着いています。

 

 

そのために歯茎が炎症を起こして出血したり痛みが出たり、口臭が強くなったりなど、歯周病の症状が悪化してしまいます。

このように、花粉症と歯周病には深い関連性があるのですね。

 

 

 

花粉症の方が歯周病にならないためには

 

☆ 丁寧な歯磨き

☆ 水分を多くとる

☆ ガムを噛んで唾液をたくさん出すようにする

(キシリトール100%のものが望ましいです)

 

 

 

歯周病にならないように、また歯周病の方は悪化させないように、花粉症の方は是非やってみて下さいね。

 

 

 

副歯科衛生士長 久下