こんにちは。

あきる野市の歯科医院、きらら歯科で副歯科衛生士長をしております、岡部と申します。

 

 

いよいよ都心の桜が開花しましたね。

きらら歯科付近の桜通りの開花も待ち遠しいです!

 

 

 

 

さて、今回は 妊婦の方向けに食べ物などのお話 をします。

 

 

 

 

Q:妊娠中に赤ちゃんの歯を丈夫にするには何を食べれば良いのでしょうか?

 

A:歯の栄養には、カルシウムだけでなくタンパク質、リン、ビタミンA、C、Dの栄養素を含む食品をバランス良く摂ることが大切です。

カルシウムとリンは、歯の石灰化(成熟して固くなること)のための材料になります。

タンパク質は歯の基礎をつくり、ビタミンAは、歯の表面のエナメル質の土台となります。

ビタミンCは、もう一層下の象牙質の土台をつくり、ビタミンDはカルシウムの代謝や石灰化の調節役となります。

 

 

【歯に必要な栄養素】

歯の基礎をつくる タンパク質:あじ 卵 牛乳 豆腐
歯の石灰化を助ける カルシウム:ひじき チーズ しらすぼし
リン   :米 牛肉 豚肉 卵
歯の表面のエナメル質をつくる ビタミンA:豚 レバー ほうれん草 にんじん
歯の象牙質をつくる ビタミンC:ほうれん草 みかん さつまいも
カルシウムの代謝や石灰化に影響 ビタミンD:バター 卵黄 牛乳

 

 

 

Q:赤ちゃんの歯を丈夫にするために妊娠中に牛乳を飲むと良いのでしょうか?

 

A:丈夫な歯のためにはカルシウムは大切な栄養素です。

中でも牛乳はカルシウムを多く含む食品です。

カルシウムを牛乳から摂るようにするとカロリーオーバーになることや、アレルギーを心配して妊娠中の牛乳摂取を控えるような動きもありますが、厚生労働省の調査では、妊娠後期の卵、乳製品の摂取量と出産後の赤ちゃんのアレルギー発症には、明確な関係はないとされています。

 

 

 

Q:赤ちゃんの歯を丈夫にするためには、牛乳が飲めないお母さんは牛乳の代わりにどんなものを摂取すれば良いでしょうか?

 

A:牛乳のほかにカルシウムを多く含んだ食品として、とうふ、納豆、卵、魚(いわし、めざし、わかさぎ、海老など)がありますので、これらの食品を食べるようにしましょう。

ただし、カルシウムに限らずバランスよく食べること、適度の運動を行い妊娠中のストレスをためず、妊婦さんが健康であることが大切です。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

次回は、歯みがき、虫歯予防についてお話します。

 

 

副歯科衛生士長 岡部