こんにちは、武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科 歯科技工士の三浦です。

 

 

私は寝るときに マウスピース を装着しています。

 

 

理由は、以前から 歯ぎしり を無意識にしてることが多く歯が磨り減って更には歯にヒビが入ってしまったからです。

 

 

 

 

 

そんなマウスピース愛用者の私ですが、

親しらずが生えてきてしまった為にお気に入りのマウスピースが入らなくなってしまったのです。

 

 

皆さんのマウスピースはいかがでしょうか?

 

・以前よりフィット感が無くなった

長い間使って、劣化してきてしまってるのかもしれません。

 

・穴が開いている

もう少し厚いマウスピースや硬いマウスピースにした方がいいかもしれません。

 

・親しらずが生えてきたり虫歯の治療をしたら入らなくなった

新しく型どりをし現状の歯に合ったマウスピースを作った方がいいかもしれません。

 

 

合わなくなったから放置…ではなく

一度ご来院されて歯科医師に相談してみてください。

 

 

きらら歯科では、昨年よりマウスピース・マウスガードにおいて世界的なブランドである、

ドイツのエルコデント社製の エルコプレス を導入しております。

 

 

 

 

以前まで使用していた機械よりも更にフィット感が増し、シートの種類も増えています。

 

 

 

 

 

歯ぎしりをそのままにしておくと…

歯が磨り減ったり歯の根元が削れてしまったり、知覚過敏の原因にもなります。

ヒビが入り最終的に割れてしまうことも。

頭痛を招くこともあります。

 

朝起きて〝頭や顎が痛い〟など感じる方はもしかしたら歯ぎしりや食いしばりの可能性もあります。

 

 

磨り減ったり、無くなってしまった歯は

元には戻りません。

 

 

歯ぎしりや食いしばりに、心当たりある方は予防や現状維持のためにもマウスピースをする習慣をつけた方がいいと思います。

 

 

 

詰め物や被せ物をする際、

・変色するの?

・割れないの?

・色はどんな感じ?

・値段は?

などと様々な疑問があると思います。

その際は、技工士にお声掛けください。

専門的な知識を交え、分かりやすくご説明させていただきます。

 

 

歯科技工士 三浦