きらら歯科 歯科技工士長 及川です。

 

今回は睡眠時に無意識にしてしまう 歯ぎしり についてお話したいと思います。

 

歯ぎしりは『ブラキシズム』と呼ばれ、3つの種類に分類されます。

 

 

1.グラインディング

睡眠中に無意識にしてしまう歯ぎしりのことで、「ギリギリ」といった音をたてて歯のすり減りを起こしやすいです。

 

 

2.クレンチング

上下の歯を強く食いしばる状態を指します。

音をたてることはないので他人に指摘されて気づくことはありません。

 

 

3.タッピング

上下の歯をカチカチと速い動作で噛み合わせる特徴があります。

 

 

 

歯ぎしりをそのまま放置し続けると、歯や歯茎、顎にも悪影響を及ぼします。

また次第に首や肩のこりを発症し、身体の異常を招いてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時にナイトガード

 

 

マウスピース(ナイトガード)を睡眠中に装着することで夜寝ている間の歯ぎしりで歯がすり減るのを防ぐことができます。

歯ぎしりを繰り返すことで知覚過敏になってしまう場合があります。

「冷たいものがしみる」という症状は、「マイクロクラック」と呼ばれる歯のエナメル質に細かなひび割れが起きたことを意味しています。

 

きらら歯科では、最新の「エルコプレス」というマウスピース製作装置を使用して製作しています。

 

 

マウスピースの厚みも、1mm、1.5mm、2mm、3mm

硬さも、ソフト・ハードと種類があります。

シートの見本もあるので参考にしていただけたらと思います。

 

マウスピースを作るとき、自分にはどの種類のマウスピースが良いのか迷うこともあるかと思いますが、スタッフにお気軽に相談してもらえたらと思います。

 

 

歯科技工士長 及川