こんにちは。

 

あきる野市 きらら歯科の歯科衛生士主任 河村です。

 

 

もうすぐ今年も終わりますね。

 

毎日寒いですが風邪をひかないよう気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

本格的な寒さを迎えるこれからの季節は、屋外はもちろん、暖房をつけることが多い室内も乾燥しがちです。

空気の乾燥 が、鼻や喉を痛めたり、肌あれを引き起こしたりすることはよく知られていますが、口臭を強くしてしまう原因 になることをご存じでしょうか?

 

 

空気が乾燥すると、口の中も乾燥します。

すると、細菌の活動を抑える働きのある唾液が少なくなり、口臭の元を作る細菌が増加。その結果、臭いが強くなってしまうのです。

 

 

 

 

乾燥によるお口の臭いを抑えるには、口の中を潤すこと が最も効果的。

ガムやタブレット菓子を食べることで口臭は抑えられますが、この効果は含まれている香料や消臭成分よりも、唾液の分泌によるところが大きいのです。

 

 

そのことから、乾燥を防ぐために、水分をとって口の中を潤すだけでも十分な口臭予防効果が期待できます。

ちなみにこの時に飲むのは がおすすめ。

口臭の元になるような余計な成分を含まないからです。

 

 

さらに空腹や緊張によって、唾液の量は減りますので、このような時にもこまめな水分補給を心がけたいものです。

 

 

また、歯磨き も口臭予防には効果的。

細菌の餌になる食べ物のカスを取り除くとともに、唾液の分泌も促してくれるからです。

 

 

そして舌の表面に付く「舌苔」と呼ばれる白い汚れが臭いの元になることもありますが、これも唾液の分泌が少ないと舌に付着しやすくなります。

 

 

乾燥が口臭の原因になることはお分かりいただけたと思いますが、その他にもからだの不調によって臭いが強くなる場合があります。

 

 

口臭の元は、主に卵が腐ったような臭いの「硫化水素」や野菜の腐ったような「メチルメルカプタン」、ゴミの臭いを発する「ジメチルサルファイド」などから構成される「VSC(揮発性硫黄化合物)」ですが、このガスは歯周病が進行し、細菌が増殖することで発生しやすくなるのです。

 

 

歯周病は、放置すると歯が抜け落ちてしまうだけではなく、最近の研究では、糖尿病を悪化させたり、動脈硬化や心筋梗塞などの心疾患の原因になったりするという報告もある恐ろしい病気です。

この病気の治療で最も重要なことは、早期発見、早期対策ですが、初期段階には自覚症状がなく、気付きにくいためとても厄介です。

 

 

早期発見するためにも歯科医院にて定期的なクリーニングをすることが大切になってきます。

 

 

何か気になることがあればスタッフまでお声がけください。

 

 

歯科衛生士主任  河村

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科 スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。 【きらら歯科について】 あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。 朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。