こんにちは。きらら歯科、歯科衛生士太田津です。

12月5日(火)に放射線の漏洩検査を行いました。

国の法律で半年に一度の検査が定められているもので以前から行っているものですが、今回のブログでどのような検査なのかお話させていただきたいと思います。

◎レントゲン撮影について

 

レントゲン撮影をする際放射線が放出されます。

それぞれのレントゲン撮影で放射線被爆する量は以下の様になります。

  • 歯科用CT : 0.1mSv / 1枚
  • 口の中に入れて撮影する小さい写真(デンタル) : 0.01mSv / 1枚
  • お口全体が撮影できる大きい写真(パノラマ) : 0.03mSv / 1枚

 

これらは一年間の限度とされる値の10分の1から100分の1の値であり人体に影響を及ぼす量ではありません。

◎放射線漏洩検査について

レントゲンの際発生する放射線は鉛を使用したレントゲン室の壁やドアにより外に漏れないように設計されています。

今回の検査では、本当にレントゲン撮影時に放射線がレントゲン室外に漏れていないかを業者の方に来て頂き測定しました。

検査結果としては放射線の部屋外への漏洩は検出されませんでした。

 

(写真)

 

今後も半年に一回検査を行い、安心して診療にお越し頂けるよう努めていきます。

Author Profile

kirarashika
kirarashika

東京都あきる野市きらら歯科です。地域最大の歯科医師16名歯科スタッフ計100名の歯科医院で、スケールメリットを生かし総合的な歯科医療に取り組んでいます。
あきる野市のみでなく・青梅市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・山梨県・埼玉県などからも1日280名を超える患者様が来院されています。
院長:渡部和則(わたなべ かずのり)
東北大学歯学部卒業
日本歯周病学会所属
日本補綴歯科学会所属
日本歯内療法学会所属
日本先進インプラント研究会所属
日本一般臨床医矯正研究会所属
日本口腔インプラント学会所属
インプラント再建歯学研究会所属