こんにちは。

あきる野市秋川にあります、きらら歯科 歯科衛生士の加藤です。

 

 

今日はみなさんに 歯ブラシの歴史 についてお話し致します。

 

今では当たり前のように使用している歯ブラシ。

いつの時代からどのように使われていたのでしょうか?

 

 

歯磨きが日本に伝わったのは、仏教の伝来のとき

始めは僧侶の間で習慣となり、公家や庶民へと広がりを見せていきました。

庶民が歯を磨くようになったのは、江戸時代のことです。

日本に歯磨きが伝来する前も、実は縄文・弥生時代に、人々が歯を磨いた形跡が残っているという話もあります。

 

僧侶が磨いていた頃は、歯木(しぼく)といって、柳の小枝の一端を嚙んで房状にしたもので、歯を磨いていました。

 

 

 

日本で始めての歯ブラシは、明治5年に発売された 鯨楊枝 です。

明治時代、歯ブラシは 歯楊枝(はようじ)と呼ばれていました。

今のような歯ブラシという名がついた商品が登場したのは大正2年(1913年)。

ライオンの「萬歳歯刷子(ばんざいはぶらし)」が最初です。

その後、歯ブラシはヘッドの大きさや柄の形、毛の材質や毛先の形状など様々な進化をとげています。

 

 

 

では、歯磨き粉はいつから使われていたのでしょうか?

 

 

ハミガキ(歯磨き粉)がなかった頃は、 を使い、指で歯を磨いていたようです。

江戸時代になってからは、房州砂(ぼうしゅうずな:粘土の細かい粒)に香料を混ぜて作られていたんですよ。

 

 

 

その後、ハミガキも、液体ハミガキやジェル状ハミガキが登場したり、様々な有効成分が配合されるなど多様に進化しています。

ちなみに、今のペースト状のハミガキのことを、“歯磨き粉”と呼ぶ方がいるのは、昔、粉状のものを使っていた名残なのですね。

こうして並べると、歴史を感じますね。

 

 

 

今では、歯ブラシやハミガキはいろいろな種類のものがあり、その人にあった商品を選べるように進化しました。

今は “フッ素” という薬用成分が入ったむし歯予防用のハミガキが一般的です。

歯を強くする成分によって、ずいぶんむし歯が防げるようになりましたよね。

このおかげで、日本人のむし歯は0.9本(12歳児)と、1本未満に減っています。

 

今では時代が進化し、様々な種類の歯ブラシや歯磨き粉が販売されています。

 

歯ブラシや歯磨き粉の事で疑問に思ってる事聞きたいことなどありましたら、気軽にきらら歯科スタッフまでご質問下さい。

 

 

歯科衛生士  加藤

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。