こんにちは。

あきる野市秋川駅徒歩5分のところにあります、きらら歯科 歯科衛生士副主任 池淵です。

 

 

みなさん、歯周病はお口の中だけではなく全身にも悪影響を及ぼすことをご存知ですか?

それは妊娠中にも言えることなんです。

妊娠中こそ口腔ケアをしっかり行っていただきたいのでお話しさせていただきます。

 

 

 

妊娠中は歯茎が腫れやすい

 

妊娠中の歯科検診の問診票をみると、高頻度で書かれていたり、よく相談を受けるのが「歯磨きしていて血が出てくる」というものです。

実は妊娠中は、ホルモンの影響、ホルモンバランスの変化でとくに歯茎が腫れやすい時期になってきます。

 

 

「妊娠性歯肉炎」といわれ、もともと歯周病や歯肉炎があると、この時期に急激に悪化してくることも珍しくありません。

口の中の不清潔やプラーク(細菌のかたまり)、そして妊娠中のホルモンの影響により引き起こされます。

エストロゲンという女性ホルモンが、歯周病のもとになる細菌の増殖をまねくことが原因だと知られています。

では、どのようなリスクがあるのでしょうか。

 

 

 

リスク1 : 早産

 

妊娠性歯肉炎や歯周病の悪化により、早産になってしまうリスクが 7.5倍 になるという報告があります。

早産の原因としては煙草やアルコール、年齢も挙げられていますが、それよりも歯周病によるリスクの方が非常に高いです。

 

 

リスク2 : 低体重児

 

妊娠中に歯周病を放置し歯茎の炎症が取れないでいると、低体重のまま子供が生まれてしまうリスクが倍増します。

 

歯周病による炎症が、血液を介して全身に影響を及ぼすことが近年わかってきています。

歯周病は予防もできますし、治療もできる病気です。

元気で健康な赤ちゃんを産むために、妊娠中も早めの歯科検診をおすすめします。

 

 

「妊娠性歯肉炎」の見つけ方

 

1.  歯茎が赤く腫れてきているとき

2.  歯磨きをしていて血がにじむ

 

このようなときは要注意です。

 

 

対処法

 

歯周病が悪化しやすいリスクはあっても、綺麗な口腔内すなわちプラークが少ない口の中であれば、歯周病は発症しませんし、なっても軽度で済みます。

つまりまず大事なのは日々の歯磨きです。

プラークを除去し、口の中を清潔に保つ ことが非常に大切です。

 

ただ、妊娠中はツワリの影響から歯磨きでさえ気持ちが悪くなってしまうことがあります。

食後がベストですが、体調のいい時に1日2〜3回ていねいに歯ブラシをしたり、こまめに口をゆすいだりと無理のない範囲で行って下さい。

 

 

歯科検診の時期ですが、中期頃に歯科検診に来られる方が多いのですが受診時期は早いほうがよいでしょう。

早め早めの口腔ケアで歯茎の状態を良く保つことが、健康な赤ちゃんを産むことにつながっていきます。

疑問点などございましたらお気軽にお声かけ下さい!

 

 

 

歯科衛生士副主任 池淵

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ

東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。