こんにちは。

きらら歯科、歯科衛生士副主任の太田津です。

 

治療の際に痛みを伴う時に 麻酔 を行うと痛覚を鈍らせ、痛みを和らげてくれます。

しかし、治療が終わって家に帰ったのに麻酔がまだ効いていて口周りの感覚が鈍い事がよくあるかと思います。

今回はそんな 麻酔が効いている時の過ごし方 についてお話したいと思います。

 

 

1.どのくらいで麻酔が切れるの?

 

麻酔の持続時間は麻酔の量や麻酔を入れた場所により異なり、麻酔の効きやすさにも個人差があります。

 

大体1〜2時間、長い時は6時間以上麻酔の効果が続きます。

 

 

 

2.食べ物は食べて大丈夫なのか

 

なるべく麻酔が効いている間は食べ物を控えた方が良いです。

どうしてもの場合は食べても大丈夫ですが、以下の事に気をつけて下さい。

 

 

①唇や頬を強く噛む

 

感覚が鈍っているので痛みが分からず強く口の中の粘膜を噛んでしまう事があります。

噛んだ時は自覚が無くても麻酔が切れてから痛んだり腫れたりしてしまう事があります。

 

②硬いものを食べない

 

同じ理由からですが、硬いものを噛んでいる時に口の中を一緒に強く噛んでしまう事があります。

なるべく柔らかいものをゆっくり食べましょう。

 

③熱いものを飲まない、食べない

 

火傷するくらい熱いものでも感覚が鈍いので熱い事に気がつかず火傷してしまいます。

熱いものを食べたり飲んだりする際はなるべく冷ましてからにして下さい。

 

 

麻酔をする事で治療の際の痛みを和らげ、安心して治療を受ける事ができます。

きらら歯科では麻酔の際には表面麻酔を塗り麻酔液を入れる時の痛みを軽減させています。

 

何か不明な事があれば気軽にご相談ください。

 

 

歯科衛生士副主任 太田津

 

 

 

Author Profile

きらら歯科 スタッフ
きらら歯科 スタッフ
東京都あきる野市にあるきらら歯科
スタッフ(歯科衛生士・歯科助手・受付)からのお知らせです。

【きらら歯科について】
あきる野市きらら歯科は、歯科医師14名、歯科衛生士11名、スタッフ計65名在籍し、1日約200名~300名の患者様にご来院頂いている人気の歯科医院です。
朝7時~夜10時までの年中無休・土曜診療・日曜診療を行っており、大規模歯科医院のため急患のかたも随時対応させていただきます。